一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

大豆イソフラボンの摂り過ぎに注意 食品安全委員会

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア 健康食品

 内閣府食品安全委員会は、大豆に含まれる微量栄養成分である「大豆イソフラボン」を含む特定保健用食品(トクホ)について、安全性評価をまとめ厚生労働省に答申した。
 国内外の試験データなどから大豆イソフラボンの1日摂取量の上限を70〜75mgとし、トクホなどで食事以外に追加摂取する量の上限を1日30mgとした。

 この安全性評価は、日本人の大豆摂取量や、国内外の臨床試験などを基に安全性を評価したもので、トクホの場合、上限値は消費者が毎日、長期間にわたり摂取することを想定した。
 トクホ認定の申請がされたイソフラボン入り味噌など3商品についは、追加摂取量が48ミリグラムになり上限量を超えることから、厚労省は「トクホとしては十分な安全性が確保されるとは言い難い」としてトクホとして認めない見通し。

大豆イソフラボン

 大豆イソフラボンは、化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ており、エストロゲン受容体に結合することから、様々な生体作用があるとされている。骨粗しょう症の予防や更年期障害の軽減などに有用と言われている。

 平成14年国民栄養調査(厚生労働省)による食品群別表の大豆・加工品(大豆(全粒)・加工品、豆腐、油揚げ類、納豆、その他の大豆加工品)、および調味料のうち味噌、しょうゆの摂取量から試算した大豆イソフラボンアグリコンの摂取量の中央値は16〜22mg/日としている。

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健康食品

2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2018年11月16日
糖尿病の食事療法のポイントを解説 食を楽しみながら食事療法を継続
2017年08月25日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年06月30日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年08月14日
たった12週間のウォーキングで自分は変えられる 運動が糖尿病リスクを下げる
2019年07月04日
歯の喪失 糖尿病や骨粗鬆症があるとリスクが増加 口腔ケアが大切
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート