一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

子供の体力低下は深刻 成年は「変化なし」

キーワード: 三多(多動・多休・多接)

 子供の運動能力は20年前と比べ大きく低下し、この10年間は低水準のまま横ばいで推移していることが、文部科学省が発表した「2006年度体力・運動能力調査」の結果であきらかになった。

 この調査は文部科学省が1964年から毎年実施しているもので、今回は6歳から79歳の全国の男女計約7万1,200人を対象に実施した。特に小学生の体力について10年ごとの変化に注目して調べた。

 6歳から19歳の青少年では、50メートル走、立ち幅とび、ソフトボール投げなどの基礎的な運動能力や握力は1980年代以降に下がりはじめ、90年代頃に特に低下した。ここ10年ほどは低下のスピードが緩やかになるか、低水準のまま推移している。

 一方で、20歳から64歳の成年では、筋力の指標となる握力や、全身持久力の指標となる急歩では大きな変化はなく、敏捷性の指標となる反復横とびではむしろ向上した。

 運動不足は肥満や2型糖尿病などの増加の要因になる。体力低下の背景として、全国に乗用車などの交通網が整備され、運動をしない生活習慣が定着したことが、特に子供に影響していると考えられる。

 日本を含め世界的に、子供がテレビやテレビゲームに費やす時間が増え、余暇の時間を利用して自発的に運動する機会が減っており、生活習慣病の増加につながるのではと懸念されている。

「平成18年度体力・運動能力調査」の概要(文部科学省)

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート