一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

世界の死因、がんが2010年にトップに IARC発表

キーワード: がん

 世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関(IARC)は19日、「世界がん報告書2008(World Cancer Report 2008)」を発表した。2010年にはがんが世界全体の死因トップになるという。

 報告書によると、今年度にがんと診断された人の数は世界全体で1240万人と推定される。これが2030年までに2640万人に増えると予想。また、がんによる死亡数も760万人から1700万人に増加するとみている。

 がんの医療負担は1975年から2000年にかけて2倍に拡大したが、2020年までにさらに2倍になり、2030年には3倍に膨れあがるという。

 がん発症とがんによる死亡が増加している要因として、途上国で欧米式の生活習慣が広まり、喫煙率が上昇し、高エネルギー、高脂肪の食習慣が増えていることを挙げている。

 米国心臓学会のティモシー・ガードナー理事長は報告書について、「心臓病の世界的な増加の要因と重なる」と指摘している。「たばこががん発症の要因になるので、IARCによる禁煙支援は特に重要だ。喫煙は米国だけでなく世界的に早期の死亡を引き起こしている」。

 米国で毎年240万人が亡くなっており、うち喫煙による死亡数はおよそ44万人。「喫煙による健康被害は世界的に深刻だ。たばこは癌と心臓病の両方に影響している」。

国際がん研究機関(IARC)
米国心臓学会プレスリリース

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月09日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年11月07日
長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
全国生活習慣病予防月間2019少酒
糖とカロリーのお役立ちTips
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典