一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

世界の死因、がんが2010年にトップに IARC発表

キーワード: がん

 世界保健機関(WHO)の付属機関である国際がん研究機関(IARC)は19日、「世界がん報告書2008(World Cancer Report 2008)」を発表した。2010年にはがんが世界全体の死因トップになるという。

 報告書によると、今年度にがんと診断された人の数は世界全体で1240万人と推定される。これが2030年までに2640万人に増えると予想。また、がんによる死亡数も760万人から1700万人に増加するとみている。

 がんの医療負担は1975年から2000年にかけて2倍に拡大したが、2020年までにさらに2倍になり、2030年には3倍に膨れあがるという。

 がん発症とがんによる死亡が増加している要因として、途上国で欧米式の生活習慣が広まり、喫煙率が上昇し、高エネルギー、高脂肪の食習慣が増えていることを挙げている。

 米国心臓学会のティモシー・ガードナー理事長は報告書について、「心臓病の世界的な増加の要因と重なる」と指摘している。「たばこががん発症の要因になるので、IARCによる禁煙支援は特に重要だ。喫煙は米国だけでなく世界的に早期の死亡を引き起こしている」。

 米国で毎年240万人が亡くなっており、うち喫煙による死亡数はおよそ44万人。「喫煙による健康被害は世界的に深刻だ。たばこは癌と心臓病の両方に影響している」。

国際がん研究機関(IARC)
米国心臓学会プレスリリース
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート