一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

野菜と果物の抗酸化作用 たばことお酒が血中濃度を低下

キーワード: 二少(少食・少酒) 動脈硬化 「無煙」喫煙は万病の元

 野菜や果物に含まれる色素「カロテノイド」は強力な抗酸化作用を有し、余剰な活性酸素を抑えるので「血管に対する健康効果がある」とされている。喫煙習慣があり飲酒もする人の血中カロテノイド値は顕著に低いとの調査結果を、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構の果樹研究所(静岡市清水区)が発表した。同研究所は「野菜や果物を摂取してカロテノイドを補うことが重要」と呼びかけている。

 この研究は、浜松市北区三ケ日町で実施した栄養疫学調査「三ヶ日町研究」の成果。カロテノイド摂取と喫煙や飲酒などの生活習慣との関連を調べた研究は少なく、どのような相乗的な影響があるかはよく分かっていない。そこで同研究所の健康機能性研究チーム(代表・杉浦実主任研究員)は、住民1073人の食事調査結果をもとに、カロテノイドが豊富に含まれる野菜やミカンなどの果物の摂取について調査した。

 カロテノイドは果物や野菜などに多く含まれる天然の色素で、主要なものとしてリコペン、α-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチン、ルテイン、ゼアキサンチンの6種が知られる。このうちα-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチンは体内に吸収されてビタミンAとなる。これらは二重結合を有し抗酸化作用が大きく、がんや動脈硬化症などの予防効果が期待されている。

喫煙と飲酒が血中のカロテノイド濃度を減少させる
 果物・野菜にはカロテノイドが豊富に含まれており、果物・野菜を多く食べる人ほど血中濃度が高くなる。研究では、喫煙者と非喫煙者、さらに飲酒量を3つに分類した上で、青物野菜に含まれるルテインや、ミカンなど果物に含まれるβ-クリプトキサンチン、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンなど6種類のカロテノイドの摂取量と血中濃度を調べた

 その結果、1日当たりの平均摂取量がもっとも多かったのはルテイン(1.92mg)で、次いでβ-カロテン(約1.70mg)、ゼアキサンチン(約0.07mg)、β-クリプトキサンチン(約0.31mg)と続いた。一方、血中濃度がもっとも高かったのはβ-クリプトキサンチン(約1.46μmol/L)で、カロテノイドの中でも特に吸収性が良く体内に蓄積しやすいと推察された。また、食事調査から推定したカロテノイド摂取量と血中濃度との相関を調べたところ、カロテノイドの摂取量と血中濃度に有意な相関があることが分かった。

 さらに、喫煙者と非喫煙者に分けた上で、アルコール摂取量から非飲酒群(1日当たり1g未満)、軽度飲酒群(1g以上25g未満)、アルコール常用群(毎日25g以上)に分け、計6群のカロテノイド血中濃度を調査した

 その結果、非喫煙者では、軽度の飲酒量ではカロテノイドの血中濃度はほとんど変わらなかったが、毎日25g以上のアルコールを摂取しているアルコール常用者では、リコペン、α-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチンの血中濃度が有意に低いことが分かった。また、喫煙者でも飲酒量が比較的少量でもα-カロテン、β-カロテン、β-クリプトキサンチンの血中濃度は有意に低く、飲酒量が多いとさらに著しく低くなった。

 カロテノイドの種類によって、飲酒や喫煙と血中カロテノイド値との関係が異なることも分かった。飲酒も喫煙もしない人に比べて、喫煙習慣のあるアルコール常用者では、β-クリプトキサンチンの血中濃度は約53%、β-カロテンは52%、α-カロテンでは約43%低くなった。一方、ルテインとゼアキサンチンの血中濃度は飲酒や喫煙による影響が小さかった。

 野菜などに含まれるカロテノイドが強力な抗酸化作用を有する一方で、喫煙と飲酒は活性酸素種の発生源となる。研究チームは「飲酒量を控えて禁煙することが健康維持のためにもっとも重要だが、果物・野菜の推奨摂取量を考える上でも、飲酒と喫煙の影響が大きいことが確かめられた」と述べ、「喫煙習慣のあるアルコール常用者では、カロテノイドを豊富に含む多く果物・野菜をより多く摂取することが重要」と示唆している。

 カロテノイドはサプリメントなどからも摂取できるが、健康食品からとった場合は、逆に心血管疾患などの発症が増えるという研究も発表されている。カロテノイドは野菜や果物からとるのが良さそうだ。

 この研究成果は英国の栄養学誌「British Journal of Nutrition」の2009年10月号に掲載された。カロテノイドの喫煙・飲酒による酸化ストレスに対する作用機構について、今後も実験的検討を行う予定。

喫煙と飲酒により活性酸素種の産出が促進する

喫煙・飲酒習慣別にみた各カロテノイドの血中濃度(幾何平均値)

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹研究所(果樹研)
Synergistic interaction of cigarette smoking and alcohol drinking with serum carotenoid concentrations: findings from a middle-aged Japanese population
British Journal of Nutrition, Volume 102, Issue 08, October 2009, 1211-1219.

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」

疾患 ▶ 動脈硬化

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
2020年09月11日
「緑茶」に肥満・心臓病・脳卒中・認知症の予防効果 お茶を飲むシンプルな生活スタイル
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート