一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

45歳から衰える体力 「適正体重、禁煙、運動」が若さを保つ

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 年齢が高くなるにつれ心肺能力は低下し、特に45歳を超えると体力の衰えは加速する。しかし、適正体重を維持し、たばこを吸わず、よく体を動かすことで体力の低下を抑えることができるという研究が、米医学誌「Archives of Internal Medicine(内科学)」10月26日号に掲載された。研究者らは「運動を続けることで病気のリスクを減らし、歳をとっても若々しくいられる」と述べている。

 ライフスタイルが心肺機能にもたらす影響を調べたこの研究では、1974年から2006年にかけて実施された「エアロビクスセンター縦断研究(ACLS)」に参加した20〜96歳の女性3429人、男性1万6889人を対象に、33項目の健康診断のほか、食事や運動などの生活習慣に関するカウンセリングを実施した。

 ランニングマシンを使い有酸素運動を行ってもらい、体力を評価した。その結果、CRF(心肺フィットネス)の低下レベルは一定ではなく、45歳を過ぎると急に低下する傾向がみられた。女性よりも男性の方が急激な低下が認められた。

 よく運動をし、体格指数(BMI)は標準を維持し、喫煙習慣のない人では、高いCRF値を維持できている傾向がみられたが、逆に若い年齢であっても運動不足で肥満のある人では低値になり、健康上の障害につながりやすいという結果になった。

 ヒューストン大学名誉教授のAndrew Jackson氏は「加齢にともない心肺機能が低下していく傾向は男女ともにみられるが、線形モデルでは加齢と有酸素容量の低下は直線の関係にならないことが示された」と話す。

 米国で高齢化が進み、肥満が増え、座ったまま運動しない生活が定着している。体力が低下すると、病気にかかるリスクが高くなり、寝たきりが増えるなど、高齢者の生活に深刻な影響をもたらす。

 Jackson氏は「肥満や過体重、運動不足、喫煙を避け、健康的な生活習慣を30代、40代から維持していれば、高齢になって心肺能力が低下するのを遅らせることができる」と強調している。

Role of Lifestyle and Aging on the Longitudinal Change in Cardiorespiratory Fitness

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート