一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高血圧を放置していると「物忘れ」が増える 米研究

キーワード: 高血圧 脳梗塞/脳出血

 高血圧を放置していると、動脈硬化が進行しやすくなり、心臓病や脳卒中を発症する危険が高くなる。それに加えて、高血圧のある中高年では、記憶障害や認知障害も増える傾向があるという研究が、米国で発表された。研究者らは「こうした病気を防ぐために高血圧の治療は重要だ」と強調している。
高血圧の治療で認知障害を防げる可能性
 研究は、地域住民を対象に脳卒中の危険因子を調べる目的で行っているコホート試験「REGARDS研究」に参加している、脳卒中の既往歴のない45歳以上の中高年約20万人を対象に行われた。参加者に記憶テストを行い、収縮期血圧 140mmHg/拡張期血圧 90mmHg以上であるか、高血圧の治療を受けている場合に高血圧と判定した。

 その結果、参加者のうち9844人(49.6%)は高血圧の薬物治療を受けており、1505人(7.6%)に認識障害がみらることが分かった。拡張期血圧(最低血圧)が高値である人では、正常値の人に比べ、認知障害や記憶や思考能力に関する障害が認められる割合が高くなる傾向があることが示された。

 最低血圧が10mmHg上がるごとに、記憶障害の割合が7%高くなった。年齢、喫煙習慣、運動レベル、学歴、糖尿病、高コレステロール血症といった認識能力に影響する可能性のある因子の影響を調整しても、この傾向は変わらなかった。

 研究者らは、高血圧と認知障害の関連を解明するためにより多くの研究が必要としながらも、拡張期血圧が高い状態であると、脳の細動脈がダメージを受けやすくなると指摘している。「高血圧を予防し治療することで、認知障害を防げる可能性が強い」と、アラバマ大学バーミンガム校のGeorgios Tsivgoulis医師は話す。

 米国国立衛生研究所(NIH)では、積極的な血圧コントロールにより認識低下などの深刻な健康障害を減らせるかを確かめるために、大規模な試験を準備しているという。

 この研究は8月25日に発行された米神経学会誌「Neurology」に発表された。

脳卒中の予防がもたらす恩恵
 REGARDS研究では、脳卒中が起こる危険を予測するために開発された「フラミンガム脳卒中リスク指数(FSRF)」を使い、認知機能の障害との関連も調べられた。その結果、今後10年で脳卒中をおこす危険の高い人では、危険の少ない人に比べ、認知障害や記憶障害の割合がほぼ2倍に高くなるという結果になった。

 米国脳卒中学会によると脳卒中の危険因子は大きく2つある。ひとつは加齢(歳をとること)、遺伝、性別、脳卒中の既往歴といった、改善できる余地の少ないものだ。しかし、もうひとつは不健康な食事、運動不足、肥満や過体重、喫煙習慣といった生活習慣や、高血圧、糖尿病(高血糖)、高コレステロールなど、治療や対策をしていれば改善できるものだ。

 上半身肥満(内臓脂肪型肥満)に高血圧、高血糖、高中性脂肪、低HDLコレステロールといった要因が加わるメタボリックシンドロームも、脳卒中の危険を高めることが知られている。メタボリックシンドロームへの対策も重要となる。

High Blood Pressure Linked to Memory Problems in Middle Age(米国神経学会リリース)
Stroke risk factors may signal faster cognitive decline in elderly(米国脳卒中学会リリース)
Abstract

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート