一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

不規則な生活で生体リズムが狂い高血圧に 機序を解明

キーワード: 高血圧 三多(多動・多休・多接) 疲労(休養不足)

 生体リズムと高血圧は関係があり、不規則な生活が続くと高血圧をまねきやすい――。生体リズムの異常が生活習慣病を引き起こす仕組みを、岡村均・京都大学薬学研究科教授らの研究グループがマウスを使った研究であきらかにした。

 生体リズムが高血圧にも影響することが、昼夜交代制の職場で働く人で高血圧が多いことなどから疫学的に知られているが、生体時計(体内時計)と高血圧を結びつける分子機序についてはよく分かっていない。

 そこで研究グループは、遺伝子組み換え技術で体内時計を働かなくしたマウスを作り、塩分の多い食事を与えた。すると副腎から産生され血圧の調整に関わるホルモンであるアルドステロンが過剰に分泌され、高血圧が引き起こされていることが分かった。アルドステロンは腎臓に働きかけ塩分を保持させカリウムを排出させる。すると水分の再吸収が高まり、血液量が増加し血圧が上昇する。

 さらに副腎の遺伝子解析で、このホルモンを作る特定の酵素「水酸化ステロイド脱水素酵素」が過剰にできていることも判明。この遺伝子は体内時計の正常なマウスではおよそ24時間周期で変動するが、体内時計が働かなくなったマウスでは1日を通して常に高いレベルになっており、それがアルドステロンの異常産生を引き起こしていた。この酵素はヒトの体でもみられるという。

 研究者らは、「朝晩の食事、睡眠などの毎日の生活リズムは、人類発祥以来続いてきた健康な生活の基盤。現代生活では、テレビやゲームによる睡眠時間の減少や、24時間営業のコンビニエンスストアなど、生体リズムシステムの維持が困難になっている」として、「不規則な生活による生体リズムの異常が健康障害を起因している可能性がある」と述べている。

 この研究は新たな治療薬開発につながる成果で、12月13日付で米医学誌「Nature Medicine」(オンライ版)に掲載された。

京都大学

関連情報
体内時計を遅らす化合物発見 睡眠障害などの治療に光明(日本生活習慣病予防協会)
ダイエット食による早起き効果 体内時計をマウス実験で解明(日本生活習慣病予防協会)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート