一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

肥満が年間10万人の「がん」を誘発 米研究

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム アルコール性肝炎 がん

 脂肪過多に誘発され、がんを発症する件数は年間10万を超えるが、肥満とがん発症の関連を知っている米国人は少ないとする研究報告を、米国がん研究協会(AICR)の研究者が発表した。

 研究者らは脂肪過多と関係の深い7種類のがんを調べ、肥満によって引き起こされた症例数を概算した。それによると、年間10万件のがん発症と脂肪過多は関連があり、肥満を予防し、脂肪を適切に管理することで、多くは予防が可能だという。

 部位別にみると、子宮内膜がんの49%、食道がんの35%、膵臓がんの28%、腎臓がんの24%、胆嚢がんの21%、乳がんの17%、結腸直腸がんの9%が、それぞれ脂肪過多が原因とみられる。

がん部位別発症と体脂肪過多(excess body fat)との関連を推定
脂肪を適切に管理することで米国の10万件のがん発症を予防できる
American Institute for Cancer Research, 2009.

 肥満はがんの発症リスクを高める要因となるが、食事や運動など生活習慣を健康的に変えていき、脂肪過多を解消すれば、多くの場合で予防できる。しかし、AICRが市民を対象に実施した聞き取り調査によると、脂肪過多とがんの関連を知っている米国人は半分足らずで、予防が大切であることを自覚している人はさらに少数だったという。

 がんの原因として認知が高かったのは、喫煙が94%、日光(紫外線)が87%だったが、肥満は51%と少なかった。「がんは予防可能な病気」であることを知っていたのはわずか20%で、2型糖尿病(46%)、脳卒中(34%)、心筋梗塞(45%)に比べても少なかった。

 研究者は「肥満とがんの関連についての認知は、2001年調査の35%から少しずつ増えていはいるが、肥満対策により10万件の発症を予防できると考えると、全く十分な数ではない」と話す。「肥満とがんの関連について、喫煙の悪影響と同じくらいに認知度を高めることが目標だ」。

 脂肪過多ががんの発症リスクを高める機序は解明されていない。しかし、乳がんなどは脂肪組織が作る女性ホルモン「エストロゲン」の増加や、脂肪増加による活性酸素で過酸化脂質が生じることなどが影響しているとされている。

 米国がん協会(ACS)も、今回の調査報告を評価。「赤身肉などの脂肪の過剰摂取ががんの発症リスクを増大させるなど、肥満とがんは関連がある。その根底にある機序をあきらかにする必要がある。がんを予防するために、食生活や運動の習慣化など健康的な生活をおくることが勧められる」としている。

 米国癌学会(ACS)が2002年に公表した、がんを予防するための食事と運動のガイドラインでは、肥満ががんの発症に関連していることが示された。不健康な食事や運動不足ががんの発症リスクを高め、この傾向は毎年強くなっている。
 ガイドラインでは生活に次のことを取り入れることを推奨している。
  • 野菜や果物を含め多様で健康的な食品を選ぶ
  • 生活に運動を取り入れ定期的に継続する
  • 生涯にわたり適正な体重を維持する
  • アルコール飲料は適度に制限する

The 2009 AICR Annual Research Conference(米国がん研究協会)
がんの予防(米国癌学会)

関連情報
肥満はがんの要因 米大統領がん諮問委(日本生活習慣病予防協会)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ がん

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年11月26日
ウォーキングなどの運動が体と心を健康にする がんサバイバーにも恩恵 どんな運動が良いのか?
2020年11月26日
乳がんサバイバーの体験・悩み・知恵をAIで共有するエピソードバンクを開発 大学と患者グループが共同で運営

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ アルコール性肝炎

2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
2020年07月28日
お酒とタバコは「食道がん」リスクを高め合う 両方あるとリスクは17倍に上昇 片方を止めただけでも予防効果が
2020年01月09日
7月12日は「人間ドックの日」 ロゴマークの募集を開始 日本人間ドック学会
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート