一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

レプチンの血糖降下作用を解明 生理学研究所

キーワード: 糖尿病 疲労(休養不足)

 脂肪細胞から分泌されるホルモンであるレプチンが、脳の視床下部の「満腹中枢」と呼ばれる部分に働きかけ、交感神経を介し糖の利用を高めることを、マウスを使った実験でつきとめたと発表された。

 レプチンが視床下部の受容体を介して摂食を抑制し、エネルギー消費を亢進し、結果として血糖値を下げることは知られているが、そのメカニズムについて解明されていない部分が多い。

 自然科学研究機構・生理学研究所の箕越靖彦教授らの研究グループは、マウスの脳内に微細な注射針でホルモンを入れ、反応を調べた。

 その結果、食事や睡眠など本能を担う場所である視床下部で、レプチンが腹内側核(満腹中枢)に作用し、POMC(プロオピオメラノコルチン)神経と呼ばれる摂食調節神経などの神経回路を活性化させることが分かった。褐色脂肪細胞、心臓、筋肉での糖の取り込みを促し、血糖の上昇が抑えられるとみられている。

レプチンが作用する満腹中枢の神経回路
 レプチン受容体とそのシグナル伝達の関連が解明できれば、高血糖を防ぎ糖尿病や肥満を予防・治療する治療法の開発につながる可能性がある。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援を受けて行われ、米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes」オンライン版に発表された。

Distinct effects of leptin and a melanocortin receptor agonist injected into medial hypothalamic nuclei on glucose uptake in peripheral tissues
Diabetes; doi:10.2337/db09-0638, 2009

大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート