一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

レプチンの血糖降下作用を解明 生理学研究所

キーワード: 糖尿病 疲労(休養不足)

 脂肪細胞から分泌されるホルモンであるレプチンが、脳の視床下部の「満腹中枢」と呼ばれる部分に働きかけ、交感神経を介し糖の利用を高めることを、マウスを使った実験でつきとめたと発表された。

 レプチンが視床下部の受容体を介して摂食を抑制し、エネルギー消費を亢進し、結果として血糖値を下げることは知られているが、そのメカニズムについて解明されていない部分が多い。

 自然科学研究機構・生理学研究所の箕越靖彦教授らの研究グループは、マウスの脳内に微細な注射針でホルモンを入れ、反応を調べた。

 その結果、食事や睡眠など本能を担う場所である視床下部で、レプチンが腹内側核(満腹中枢)に作用し、POMC(プロオピオメラノコルチン)神経と呼ばれる摂食調節神経などの神経回路を活性化させることが分かった。褐色脂肪細胞、心臓、筋肉での糖の取り込みを促し、血糖の上昇が抑えられるとみられている。

レプチンが作用する満腹中枢の神経回路
 レプチン受容体とそのシグナル伝達の関連が解明できれば、高血糖を防ぎ糖尿病や肥満を予防・治療する治療法の開発につながる可能性がある。

 この研究は文部科学省科学研究費補助金の支援を受けて行われ、米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes」オンライン版に発表された。

Distinct effects of leptin and a melanocortin receptor agonist injected into medial hypothalamic nuclei on glucose uptake in peripheral tissues
Diabetes; doi:10.2337/db09-0638, 2009

大学共同利用機関法人自然科学研究機構生理学研究所

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月22日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年03月14日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年01月17日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2018年10月11日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート