一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

認知症予防など「学習療法」を米国でも検証

キーワード: 認知症

東北大加齢医学研究所がAARPと学術協定

 東北大学加齢医学研究所(福田寛所長)は7日、50歳以上の会員約4000万人を有する米国の民間非営利団体「AARP」(旧・全米退職者協会)と包括的学術協定を締結したと発表した。認知症予防など超高齢社会への対応策の研究・普及を行う「スマート・エイジング・イニシアチブ」を共同で推進する。

 AARPが日本の大学と提携するのは初めてのことで、米国の高齢者政策に影響力をもつAARPと、高齢化が進む日本で高齢者対策を研究開発している東北大学加齢医学研究所が提携することで、最先端の加齢研究にもとづく高齢社会政策の立案・提言ができるようになるとしている。

 読み・書き・計算の学習により脳機能の改善をはかる「学習療法」について、(1)米国での実証、(2)介護費用削減効果の検証、(3)国際的な商品化などを目標に、今年4月から2014年3月までの5年間実施する。学習療法を英語圏の人が利用できるよう編集し、ワシントン郊外の住民を対象に半年間実施する。得られたデータを東北大学で解析し論文にまとめる予定。

 今回の提携は、日本で実績を挙げている療法の米国での有効性を検証し、将来の実用化を目指す狙いがある。脳科学研究で知られ任天堂の人気ゲームソフト監修者でもある同研究所の川島隆太教授は「学習療法」の開発により、平成21年度文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)を受賞した。すでに認知症改善システムとして全国の890以上の施設で1万人以上の患者に利用されている実績があるという。

東北大学
AARP(旧・全米退職者協会)(英語)
学習療法研究会

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート