一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

人間ドックで「異常なし」が過去最低に 人間ドック学会

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム アルコール性肝炎

 2008年に人間ドックで異常なしと判定された人は約1割で、過去最低となったことが、日本人間ドック学会(奈良昌治 理事長)などの調査で分かった。異常が認められた割合はほとんどの項目で前年より増加した。
受診者の9割になんらかの異常
職場環境、家庭環境などの生活環境も影響か
 調査は、日本人間ドック学会と日本病院会がまとめたもので、対象となった人間ドック受診者数は295万人だった。調査では1984年から毎年、その前年の受診者の検査結果を施設ごとに調べている。人間ドックでは、肥満、糖尿病(耐糖能異常)、高血圧、高コレステロール、高中性脂肪、肝機能異常など20項目以上を判定する。2008年に健診や人間ドックを受診した合計数は1086万人で、前年より16万人増加した。

 「異常なし」(A判定)と「軽度異常だが現在心配はない」(B判定)を合わせた「異常なし」と判定された人の割合は9.6%で、前年より2.2%減少した。異常なしは加齢とともに減少するが、受診者の90.4%になんらかの異常が認められたことになる。年代別でみると異常なしの割合は、40歳代では10.8%(前年比1.7ポイント減)、50歳代では6.3%(前年比1.2ポイント減)、60歳以上では4.6%(前年比1.1ポイント減)となった。

 異常なしの割合は調査を始めた1984年の29.8%がもっとも高く、2006年には11.4%まで低下していた。2007年の調査では初めて増加に転じ、下げ止まりが期待されていたが、再び減少した。生活習慣病と関連の深い6項目を年齢層別にみると、なんらかの異常が認められた人の割合は中性脂肪を除いては総ての項目で前年より増加した。

 異常が認められた項目で、もっとも高いのは「高コレステロール」(26.4%)で、以下は「肝機能異常」(26.2%)、「肥満」(26.1%)、「高血圧」(17.7%)、「耐糖能異常」(16.3%)、「高中性脂肪」(14.6%)と続く。

 性別にみると、男性では「肝機能異常」(31.9%)が高く、次いで「肥満」(30.6%)、「高コレステロール」(26.6%)、「高血圧」(20.9%)、「耐糖能異常」(19.6%)、「高中性脂肪」(18.8%)と続く。

6項目異常頻度(男性・年代別)
50歳代・男性では肝機能異常、肥満、高コレステロールの異常の頻度が高くなり、耐糖能異常と高血圧は年齢が高くなるほど上昇する。

日本人間ドック学会、日本病院会「人間ドックの現況(平成20年度調査)」

 人間ドックで発見されるがんのトップは胃がんで、次いで大腸がん。両方を合せると20年前は全がんの約70%を占めていたが、今回の調査では約47%と減少傾向を示している。学会は「その他のがんが年々増加し、特に男性では前立腺がん、女性では乳がんが著しく増えたため」としている。

 年代別に比べると、肝機能異常、肥満、高中性脂肪、高コレステロールは50歳代をピークとして60歳以上は下降傾向を示しており、高血圧と耐糖能異常は加齢とともに上昇傾向を示している。異常なしが減少した原因として、日本人間ドック学会は「受診者の平均年齢が40歳代から50歳代へと移行し、さらに60歳以上の受診者が年々増加している。職場環境、家庭環境などの生活環境が変化している影響もある。メタボリックシンドロームは環境悪化に基づく生活環境病であると認識し、総合的な対策を立てる必要がある」と説明している。

メタボリックシンドロームは環境悪化に基づく生活環境病

一般社団法人日本人間ドック学会 - プレスリリース

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月01日
なぜ「朝食」は食べた方が良いのか? 糖尿病や体重の管理が改善

疾患 ▶ アルコール性肝炎

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月13日
糖尿病の人は「アルコール」に注意 年末年始に飲み過ぎないための6つの対策
2018年07月24日
【全国生活習慣病予防月間2019】「少酒」川柳を募集中!(賞金5万円)
〜 都道府県対抗「少酒47」選手権! 〜
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2017年05月24日
アルコールに注意 飲む量を減らせば改善する 「減酒外来」を開設
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典