一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

体内時計を遅らす化合物発見 睡眠障害などの治療に光明?

キーワード: 睡眠障害 三多(多動・多休・多接) 「多休」休養をしっかりとる

 通常は24時間周期で繰り返される「体内時計」を、特定の化学物質を投与して倍の48時間以上に延長することに、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの上田泰己チームリーダーらの研究グループが成功した。高齢者に多い加齢性の睡眠障害や時差ぼけなど、体内時計の変調が原因となる病気を改善する薬剤の開発につながると期待されている。

 ヒトを含む多くの生物の体は、時刻によって変化する太陽光や温度などの環境に適応するため「概日リズム」を備えている。これは体内に24時間周期で機能する「概日時計」があるからで、ほ乳類では概日時計の中枢は、脳視床下部の視交叉上核にあると考えられている。睡眠や覚醒、血圧、体温調節、ホルモン分泌などは概日時計によりコントロールされており、睡眠障害や季節性うつ病の発症にも深く関わっている。

 研究グループは、概日リズムを示すマウスとヒトから採った細胞に化合物を加え、発光酵素(ルシフェラーゼ)を使い周期変化の観察や発光量の測定を1週間続けた。1260種類の化合物を調べた結果、28種類が概日時計を制御しており、そのうち9種類が時計遺伝子と深く関わるリン酸化酵素の働きを妨げることをつきとめた。化合物により概日時計の周期を大きく延ばすことが判明し、周期を最大で2倍の48時間にするのに成功した。温度を10度変化させても安定して周期を保つことも確かめた。

 概日時計の周期決定などはこれまで、複雑な分子ネットワークで構成されると考えられていだが、今回の研究で少数の分子で構成される反応の特性により決められている可能性があることが示された。研究者らは「従来のほ乳類概日時計の分子モデルの修正を促す画期的な成果で、概日時計に関連する疾患の治療薬開発に寄与する重要な知見だ」と述べている。研究成果は米国科学アカデミー紀要オンライン版に8月31日に掲載された。

独立行政法人理化学研究所

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

疾患 ▶ 睡眠障害

2019年01月17日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2018年10月11日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年05月16日
「睡眠障害」が高血圧・糖尿病に関連 日本で最大規模の研究
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2017年05月02日
階段運動はコーヒーを飲むより効果的 たった10分の運動で活力が向上

一無・二少・三多 ▶ 「多休」休養をしっかりとる

2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年11月14日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月14日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年08月29日
「第4回がん撲滅サミット」を11月18日(日)に東京ビッグサイトで開催
2018年08月28日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典