一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「片頭痛」を天気で予報 誘発因子を避けることが大切

キーワード: セルフケア

 テルモは、気象の変化が健康に与える影響を予測する情報サイト「テルモ健康天気予報」に、9月6日から「片頭痛」の項目を加えると発表した。片頭痛は気温上昇や高湿度で増えるので、気象誘因で発症する場合は対処法が効果的としている。

 同社サイトでは、気象の変化が健康に与える影響を予測し、病気の予防や悪化の予防に役立てられるよう情報を公開している。同社は五十嵐久佳・神奈川歯科大学附属横浜クリニック教授の監修のもと、気象会社いであと共同で、片頭痛患者の発症記録と、気象条件との関係を分析した。その結果、気温が上昇傾向にあった後、湿度が高い条件で、痛みを訴える人数が多くなる傾向があることが分かった。

 片頭痛では、頭の片側、または両側がズキンズキンと脈打つように痛み、体を動かすと痛みが悪化する。日本頭痛学会によると、片頭痛の年間有病率は8.4%で、20歳代から40歳代の女性に多い。前兆のない片頭痛が5.8%、前兆のある片頭痛が2.6%で、前兆のない場合の方が多いとみられている。

 気象、ストレス、寝不足、食品、まぶしい光などが片頭痛の誘因となる人が多い。誘発因子が何であるか見極め、それを避けることが大切で、気象誘因で発症する場合は、急激な気温変化を避ける、日差しをサングラスで防ぐなどの対処法が効果的としている。

片頭痛の予報(画面例)

テルモ健康天気予報(テルモ(株))
厚生労働省・研究班の「慢性頭痛診療ガイドライン」(日本頭痛学会)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ セルフケア

2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」
2019年06月12日
「生活にゆとりのない」家庭は食育に関心がない 子供の孤食や栄養バランス不足に親の生活習慣病が影響
トップに戻る ▶
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート