一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「ひとり酒」は脳卒中リスクが高い? 飲酒と循環器疾患

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 二少(少食・少酒) 肥満症/メタボリックシンドローム 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 がん

 ひとりでお酒を飲む男性は、友人や家族との社会的交流の多い男性に比べて、適量の飲酒であっても脳卒中のリスクが高くなるという研究結果が発表された。
 飲酒は社会的な付き合いを円滑にするための手段として用いられることが多いが、日本人に多い脳卒中の発症に、家族や友人、同僚などの社会的な支えが影響している可能性が示唆される結果になった。

 この研究は、厚生労働省研究班「多目的コホート研究(JPHC研究)」(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)によるもの。これまでの研究で飲酒が脳卒中のリスクを増加させる傾向があることが示されているが、飲酒量と心理社会的な因子の影響について調査した研究は少ない。この研究は米医学誌「Alcoholism」6月号に発表された。
「社会的な支え」あると脳卒中発症が減る
 研究班は、1993年に40歳から69歳だった茨城、新潟、高知、長崎、沖縄の男性約1万9000人を10年間追跡し、飲酒と循環器疾患の関係を調べた。約10年の追跡期間に、629人が脳卒中、207人が虚血性心疾患、合計836人が循環器疾患を発症した。

 飲酒をしない人からエタノール換算で週に450g以上飲む人まで飲酒量によって7群に分け、循環器疾患の発症との関連を調べた。その結果、エタノール換算で週に300g未満までは全循環器疾患の発症リスクが低下したが、週に300g以上の大量飲酒では脳卒中の発症リスクが増加した。

 脳卒中の発症比率は、エタノール換算で週に300g未満まではあまり変わらないが、300g以上になると1.4倍に増加した。週エタノール300gは1日平均にするとビール大瓶(633mL)では2本、日本酒では2合に相当する。脳卒中のタイプ別にみたところ、出血性脳卒中のリスクが特に高かった。

飲酒量と脳卒中発症との関連
に対する社会的な支えの影響
 次に研究班は、家族や友人などとの社会的な結びつきについて調査した。研究開始時に行ったアンケートで、(1)心が落ち着き安心できる人の有無、(2)週1回以上話す友人の人数、(3)行動や考えに賛成して支持してくれる人の有無、(4)秘密を打ち明けることのできる人の有無を調べスコア化し、社会的な支えが少ない群と多い群に区分して分析した。

 その結果、社会的な支えが少ない群の脳卒中の発症比率は、1日平均でビール大瓶1本(日本酒1合)未満を飲む群では、飲まない群に比べ1.2倍高いことが分かった。2本未満で1.8倍、3本未満で1.9倍の差が生じた。一方、社会的な支えが多い群では、2本未満までは0.7〜0.8倍と飲まない群より脳卒中の発症が少なかったが、2本以上の大量飲酒になると1.2倍前後に高まった。

 研究班の磯博康・大阪大学教授(公衆衛生学)は「循環器疾患の予防のためには大量飲酒は慎むべき。大腸がんや2型糖尿病は、週にエタノール換算で150g(1日平均ビール大瓶1本)以上からリスクが高くなる」と述べている。

 「飲酒習慣のある人は、1日平均で日本酒なら1合未満、ビールなら大瓶1本未満、焼酎なら0.6合未満、ワインならグラス2杯未満、ウィスキーならダブル1杯未満に控えた方が良い。休肝日がない人では死亡率が高くなるので、健康維持のために節酒と休肝日を組み合わせることが大切」としている。

多目的コホートに基づくがん予防など健康の維持・増進に役立つエビデンスの構築に関する研究(JPHC Study)
Alcoholism: Clinical and Experimental Research: Volume 33 Issue 6, 1025-1032.

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年10月07日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 糖尿病リスクが減少
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病による死亡リスクを56%低下 心疾患やがんが減少

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
11月14日は「世界糖尿病デー」 糖尿病の半分以上は予防できる

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典