一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

5000人対象の生活習慣病予防コホート研究 島根大

キーワード: 健診・保健指導

 島根大学は、メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくする要因をあきらかにし、住民参加により効果的な予防法を開発するためのプロジェクト「疾病予知予防研究拠点」を開始する。

 調査は、自治体、地域の医療機関、地域住民、NPO法人などと共同して、出雲市や雲南市などの約5000人を対象に、5年から10年以上かけて実施する。生活習慣や遺伝との因果関係をさぐる調査は各地で行われているが、プロジェクトでは近所付き合いや地域コミュニティの性質が個人に与える影響まで調査。遺伝的体質から地域社会における人間関係(ソーシャル・キャピタル)まで、さまざまな要因が生活習慣病の発症にどのような影響を与えるかを追跡して調べる。

 健康に影響を与える可能性のある要因について、医学部のほか法学部や教育学部など人文社会科学系の研究者らも交え総合的に検討する点がユニーク。島根県下数ヵ所で健康診断を実施し、生活習慣病の発症、死亡、要介護認定、血液検査、飲酒・喫煙などの生活習慣病などの項目に加えて、地域社会を「町内会活動が盛んで、きずなが強い半面、規律も強い集団」、「関係の希薄な集団」などのグループに分けて追跡する。

 2008年より文部科学省特別教育研究経費と島根大学プロジェクト研究推進機構の支援を受け実施する。プロジェクトリーダーの並河 徹・島根大学医学部教授(病態病理学講座)は、「集団を一定期間追跡するコホート研究は、島根のように人口の出入りの少ない地域で適している」としている。

疾病予知予防研究拠点(島根大学)
島根大学
[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート