一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

ダイエット食による早起き効果 体内時計をマウス実験で解明

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム セルフケア 疲労(休養不足)

 炭水化物の摂取を少なくすることで体内時計を調節できる可能性があるという研究を、産業技術総合研究所の大石勝隆・生物時計研究グループ長らが発表した。

 ヒトを含むほとんどすべての生物は、地球の自転周期にほぼ一致した約24時間周期で変動する概日リズムを刻む体内時計のシステムが備わっている。体内時計は時計遺伝子と呼ばれる一連の遺伝子群によって調整されている。時計遺伝子の働きは脳や心臓、肝臓、腎臓などほぼすべての臓器にあるとみられているが、そのメカニズムについて詳しく分かっていない。

 そこで研究者らは、炭水化物0.73%、脂肪94.8%と、炭水化物を極端に減らした「ケトン体ダイエット(低炭水化物ダイエット)」を14日間マウスに与え、体内時計遺伝子のひとつで24時間弱の周期で働きが変わる遺伝子「ピリオド2」の働きを調べた。炭水化物を極端に減らし脂肪を多くした食事をとると、インスリンの分泌を抑えられエネルギーを脂肪から作り出すため脂肪分解が進む。

 その結果、ケトン体ダイエットを与えたマウスでは、時計遺伝子のもっともよく働く時刻が4時間から8時間程度早くなることが分かった。活動時間帯も早まり早起きになっていた。体内時計周期を計算したところ、炭水化物を50%含む普通食で飼育したマウスに比べ、15分から20分程度短くなっていた。

睡眠障害と体内時計の異常
 研究者らは、低炭水化物ダイエットによる体内時計制御のメカニズムについては不明な点が多く、分子メカニズムの解明が必要で、長期的な安全性についても確かめられていないとしながらも、「食事の工夫で体内時計の働きを改善できれば、睡眠障害などの治療につながる可能性がある」としている。

 例えば、望ましい時刻の入眠や自然な覚醒できず、夜更かしや朝寝坊、日中に過剰な眠気などが起こる「睡眠相後退症候群」は、体温リズムやメラトニンの分泌リズムなど何らかの体内時計機構の障害が原因と考えられている。治療として高照度光療法などが試みられているが、その作用メカニズムは不明であり、効果に関して個人差がある。そのため、従来の治療法とは作用メカニズムの異なる新たな治療法の開発が望まれている。

 この研究成果は、米国科学誌「Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology」に掲載された。

独立行政法人産業技術総合研究所

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

テーマ ▶ セルフケア

2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2019年09月12日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
2019年08月23日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年07月31日
「口から食べる」ことが健康維持に役立つ よく噛むとホルモン分泌が増える
2019年06月24日
座ったままの生活で死亡リスクは上昇 「1日30分、体を動かそう」

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート