一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

医療費など将来はGDP10%超 財務省研究所が報告書

キーワード: 生活習慣病の医療費

 財務総合政策研究所の研究会(貝塚啓明・東京大学金融教育研究センター長)は、医療サービス供給体制と医療保険制度の課題について報告書をまとめた。医療費と介護費はやがてGDPの10%を超えると予想し、少ない資金で十分な効果を生みだす医療体制が喫緊に求められ、総合医の確立が地域医療崩壊を防止する打開策になると指摘している。

 先進国では共通して医療費と介護費の公的支出が国内総生産(GDP)の10%を超えており、日本も例外ではない。報告書では、日本の医療制度は社会経済の変化に十分に対応できておらず、医師不足や医療保険財政のひっ迫、若い世代から高齢者世代への所得分配など、さまざまな問題が生じていると指摘した。医療の「コスト」の面だけでなく、「バリュー」の面も重視し、少ない資金で十分な効果を生みだすパラダイムシフトが重要としている。

 病院経営は、医師・看護師の不足や、医療供給体制、医療費抑制政策による不採算経営など問題を抱えている。開業医のレベル向上と専門医の厳格化・適正な評価、コメディカルの専門性を高める教育と権限の拡大、過剰な病院数と病院当たりの過小なスタッフ数の是正など、問題解決のための方策(15項目)を提言している。

 総合的な診療能力のある「地域医療医(総合医)」がかかりつけ医として、どのような医療問題にも対応できるよう適正な割合で存在することが重要で、総合医と大都市などの各科の専門医や高度医療機関と連携することで、地域での医療問題は解決が可能になると強調している。そのため、現状では各科の専門医の育成に主眼をおかれている傾向があるが、今後は総合医の育成にも力を入れ、各科の専門医と総合医がバランスよく地域に配置できる医師供給体制も考慮しなければならないとしている。

報道発表「持続可能な医療サービスと制度基盤に関する研究会」(財務省)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 生活習慣病の医療費

2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2017年04月19日
ウォーキングに着目した都市計画 1500歩増やすと医療費が3.5万円減少
2016年02月23日
特定保健指導が医療費適正化に効果 「リスクあり」では医療費が2倍に
2016年02月05日
母乳育児が世界を変える 母乳に36兆円の経済効果 82万人の命救う
2015年12月14日
【国民健康・栄養調査】 所得が低い人ほど健診を受けず不健康
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート