一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

学校給食の献立やレシピを公開 【愛知県豊田市】

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 健診・保健指導

 愛知県の豊田市学校給食協会はホームページを一新し、給食の献立、給食をつくる過程の紹介をはじめた。食に対する意識の低下や食生活の乱れから、高血圧や2型糖尿病など生活習慣病の増加が指摘されるなか、学校給食の紹介を通して、「家庭で食事のエネルギーや栄養バランス、食習慣の大切さを考えてもらいたい」としている。

 ホームページではこれまでは組織や財務状況などを公開していたが、新たに同協会が管轄する中部給食センターが中学校向けに作っている給食の1ヵ月分の献立を画像で紹介するページや、給食の献立作成から食材の発注、検査、下ごしらえ、調理などを写真で紹介するページを追加した。このほか、学校給食での地産地消の取り組みや、豊田市の農産物マップとカレンダーなども掲載した。

豊田市学校給食協会ホームページ
1ヵ月単位の給食の献立と写真、料理レシピなどを公開している。

 豊田市が成人市民およそ1000人を対象に行った調査によると、健康に関して関心のあることとして、45.6%が「栄養バランス」、38.6%が「適正体重(肥満・やせ)」、35.3%が「生活習慣病予防」を挙げ、市民が高い関心をもっていることが示された。2005年の調査によると、健康診断を受診率や、肥満指数(BMI)が25以上の肥満者の割合などは全国に比べ優れている。

 一方で、肥満の増加傾向は特に男性であらわれている。市では「生活様式の都市化が進むにつれ、朝食の欠食など生活リズムや、脂肪のとりすぎなど栄養バランスの乱れが目立つようになった」と指摘。市の調査では高校生や成人のおよそ15%が「朝食を食べないことがある」と答え、朝食を食べない小中学生も増えているという。

 市では「人格形成の基礎ができる子供の頃から、食に対する適正な知識をもつことが大切。食を通じて地域の良さを見直し、郷土を愛する心も育んでほしい」としている。

豊田市学校給食協会
新・健康づくり豊田21計画

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート