一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

2月4日は「世界がんデー」 肥満対策でがんを予防

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム がん

 国際対がん連合は肥満とがんとの関連を啓発するキャンペーン「元気な子供期が好き(I love my healthy active childhood)」を開始すると発表した。過体重や肥満に対策することで毎年300万から400万人のがん発症を予防できる。子供の頃から対策し健康な生活習慣を広めることが必要だという。

 国際対がん連合(UICC)は、各国のがん関連の学会、研究所、がん基金などで組織され、がんについての知識の普及、予防や治療の情報交換などを進めている。

 2007年に39ヵ国の4万人以上を対象に実施したがんの認知と行動に関する初めての国際比較調査をもとにした研究報告「がんの認知と行動(Cancer-related beliefs and behaviours)」では、がんの発症リスクと生活習慣の関連が深いことを自覚している人が少ないことを強調している。例えば、米国、オーストラリア、ニュージーランド、西アジアの40%は、過体重であるとがんの発症リスクが高まることを知らないという。

 過体重と肥満は世界的に急増しており、世界保健機関(WHO)は世界の成人のうち10億人が過体重で、3億人以上は肥満と判定されると推定。肥満問題を扱う国際機関によると、学齢期の子供の10人に1人は過体重で、5歳から17歳の子供の2〜3%は肥満だという。

 UICCが提唱する2月4日の「世界がんデー(World Cancer Day)」では、両親、学校の先生、保健専門家、行政関連で、子供に健康的な生活習慣を教える必要が啓発された。欧州連合(EU)によると、5歳以下で過体重の子供の数は2200万人に上る。イザベル・モルタラ UICC事務局長は「健康的な食事や活発な身体活動といった生活習慣は人生の早い時期に形成される」と言う。

 デビッド・ヒル UICC理事長は「多くの場合で過体重と肥満はがん発症と関連があることは科学的にはあきらかだが、社会的な理解は十分に得られていない。こうした理解不足は1950年代後半の喫煙とがんに対する態度に似ている」と指摘している。「成人を対象とした多くの研究で、過体重や肥満とがん発症との関連が示されているが、幼児期に身に付いた生活習慣が生涯にわたり影響する」。

 昨年8月にジュネーブで開催された第20回世界がん会議では、世界規模でたばこの消費を減らし、肥満、アルコール摂取のレベルを低下させる目標などを盛り込んだ「世界対がん宣言」が採択された。

国際対がん連合(UICC)
WORLD CANCER CAMPAIGN

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月22日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート