一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

海外の健康モニタリング機器 小型化・サービスも多様化

キーワード: 高血圧 糖尿病 疲労(休養不足)

Fitbit
 海外で、2型糖尿病などの生活習慣病の予防に着目した、歩数や運動量、食事、睡眠、血圧、体重体脂肪、血糖値などを測定し記録する簡易モニタリング機器を使ったサービスが増えている。身につけて持ち歩ける携帯電話よりも軽い小型デバイスで、歩数などの運動を測定、歩行距離・速度・心拍数などの記録を送信し、指導者から電子メールなどで実行(TO DO)支援やアドバイスを得るという内容が多い。

 デバイスは小型化され精度を増しており、1日、1週間、1ヵ月、1年と期間を設定し記録、ウォーキングの歩数や運動量、体重の増減、食事、食欲、睡眠のリズムなどを、パソコンでグラフや図などデータで管理するサービスが出ている。過去のデータと比較することで利用者が把握しやすくし、送信データに対する評価やアドバイスが即時に帰ってくるなど、利用者の意欲を高めるためのサービスを充実させている。

 医療機関や医療保険会社をターゲットにしたプログラムや、心不全・糖尿病・高血圧などの慢性疾患を対象にした在宅モニタリングシステムも出ている。日本と米国では診療報酬や健康保険などの制度面が異なる。米国で医療保険会社を利用している場合は、高額の医療費が必要となる病気を予防することで保険会社が利益を増やせる仕組みになっており、患者や予備群にとっても自己管理がその後の医療費の増減に深く関わるという認知が浸透しており、こうしたサービスに力が入っているようだ。

 以下は米国で利用されているサービスの一例――

Health Buddy

BodyMedia FIT System

Activity Monitor

  • モニタリング機器「Health Buddy」
     米Bosch社が、医療機関や医療保険会社などを対象に販売しているサービス。大きな文字表示画面と4つのボタンのみというシンプルな構成のデバイスを使い、患者が医師や看護師から服薬、食事、運動などの質問ができる。患者はボタンで「Yse・No」を押すだけで、医師と対話ができる仕組み。患者から送信されたデータは、オンラインで医師や看護婦のパソコンに送信される。医師や看護婦は、患者の回答から生活習慣を把握し、よりきめ細かい質の高い指導ができるようになる。生活習慣病を効果的に予防できれば、診療費、長期入院患者などの医療費全般の抑制にもつながる。
    Health Buddy
    医師向けの管理画面

  • BodyMedia FIT System
     米Bodymedia社が医療機関やフィットネスクラブなどに販売。高精度のマルチセンサーを搭載した小型デバイスで、手首に巻いて使用できる。運動の強度、時間、歩数消費エネルギーを記録するだけでなく、睡眠時間、就寝時刻、入眠時刻なども推計する。記録したデータを送信しパソコンで管理できる。
    BodyMedia FIT

  • Fitbit
     米Fitbit社が販売。機能はBodyMediaに似ているが、デバイスをより小型化してある。運動や消費エネルギー、睡眠などを24時間記録する。小型LED画面が付いており、目標達成を花の画像で表わし成績が良いと花が開花する。データをワイヤレスでパソコンに送信し、専用ホームページで管理できる。
    Fitbit

  • Activity Monitor
     PHILIPS社が提供する生活活動量計。ウォーキングなどの運動だけでなく、日常活動での家事などの動作も測定・記録する。ホームページの管理ページに、1週間のモニタリングの結果や、運動量を増やすためのアドバイスが提示される。それを見た指導者がアドバイスや、目標の再設定を行う仕組み。
    Activity Monitor

  • WiFi Body Scale
     食事や運動などの測定・記録を、より簡易なものにし、利用者が気軽に取り組める要素を取り入れたサービスも出てきた。仏Withings社が提供するこのサービスでは、ワイヤレスのインターネット接続機能を使い体重、BMI、体脂肪計を計測するだけでなく、ツイッターに対応しており、自分の体重データをもとにブログでつぶやいたり、仲間をつくり励ましあうこともできる
    WiFi Body Scale
    [Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

生活習慣 ▶ 疲労(休養不足)

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート