一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

血液検査に関係する46の新しい遺伝子を一度に発見 東大など

キーワード: 心筋梗塞/狭心症 「少酒」お酒はほどほどに オーダーメイド医療

 理化学研究所と東京大学の研究チームが約1万5000人分の遺伝子データを解析し、血液検査の関係する遺伝子が一度に46種類もみつかった。より的確な病気の診断や、原因の究明、早期発見やオーダーメイド医療の実現につながる大きな発見だ。

 病気のなりやすさには個人差があることはよく知られているおり、経験的に「遺伝的な要因」として説明されることが多かったが、遺伝子研究が急速に発達しており、この差異は遺伝子が情報伝達の暗号文字としてもっている4種類の塩基について、その並び方がひとつでも違う「一塩基多型(SNP)」があると起こることが分かってきた。

 薬の効果や副作用に関わる遺伝子や、病気のなりやすさに関わる遺伝子、病気の早期発見につながるマーカーなどが確立すれば、個々の患者に合わせてもっとも効果的な治療や投薬を行う「オーダーメイド医療」が実現できると考えられている。

 そこで東京大学と理化学研究所は共同研究を行い、1万4700人分の、1人当たり50万ヵ所の遺伝的多型を高速コンピュータで解析した。その結果、20項目の血液検査と関連する重要な46個の新しい遺伝子を一度に発見した。解析に用いた遺伝子データは、1cmに3文字を書いて並べると地球1周以上にもなる膨大な量だった。

 発見したのは赤血球、肝機能、腎機能、尿酸、心筋梗塞など18項目の血液検査に関連する新規の遺伝子。例えば、赤血球数やヘモグロビン濃度(血液の濃さ)に関連する遺伝子では、病気の予防や治療に役立つ可能性が示された。

 肝機能では、肝臓障害などの指標となるALP(アルカリホスファターゼ)値は遺伝子の違いにより最大99の個人差があり、γGTP値などは酒に強い遺伝子をもつ人で高い傾向があった。また、筋肉障害や心筋梗塞の指標となるCKは13の個人差があり、それ以外にも痛風に関係する尿酸値など、遺伝子により検査値がかなり違うことが分かった。

 今回の研究は、2003年にスタートした文部科学省リーディングプロジェクト「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト」で、これまで約20万人の患者の協力を得て収集した臨床情報と血液・DNAサンプルをもとにしている。これらのサンプルは東京大学医科学研究所内で保管・管理され、研究に利用されている。

 理研ゲノム医科学センターの鎌谷直之副センター長と東大医科学研究所の松田浩一准教授らは、「お酒をあまり飲まないのにγGTP値が高い人など、遺伝子をみることでより多くのことが分かる。遺伝子情報をもとに個人ごとの検査値の基準値を設定する“オーダーメイド臨床検査”が必要となるだろう」と話している。

 今回の研究は医学誌「Nature Genetics」オンライン版に2月8日に発表された。

独立行政法人理化学研究所
Genome-wide association study of multiple hematological and biochemical traits in a Japanese population(Nature Genetics)
Nature Genetics, doi:10.1038/ng.531

関連情報
日本人の2型糖尿病に関わる遺伝子多型を特定 発症メカニズムを解明(糖尿病NET)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ オーダーメイド医療

2017年07月05日
膵臓がん 簡易な血液検査で早期発見 鹿児島で臨床研究を開始
2017年04月05日
「遠隔診療」活用に未治療者の過半数が積極的 「治療の継続が楽に」
2016年10月04日
医療費が41兆円に増加 13年連続で過去最高 高額な医薬品が登場
2016年01月19日
がんの遺伝子情報にもとづく「個別化治療」の実用化へ向けて前進
2012年07月23日
遺伝子研究に1万人が協力 山形分子疫学コホート研究

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 「少酒」お酒はほどほどに

2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
肥満や糖尿病に「コーヒー・緑茶・アルコール」は良い・悪い? どれくらい飲むと健康効果を期待できる?
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート