一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高血圧症予防を目指し「塩を減らそうプロジェクト」が発足

キーワード: 高血圧 二少(少食・少酒)

 塩分の過剰摂取が健康にもたらすリスクについて知識を普及し、高血圧症を予防することで脳卒中や心疾患リスクの低減につなげようと、医師や製薬企業などが参画した「塩を減らそうプロジェクト」が発足した。

 厚生労働省の調査によると高血圧の日本人は約4000万人。同プロジェクト代表顧問に就任した荒川規矩男氏(福岡大名誉教授・NPO法人日本高血圧協会理事長)は、「高血圧は自覚症状がないため放置されることが多く、脳卒中・心筋梗塞などを引き起こし、寝たきりの原因にもなっている。高血圧を引き起こす主な要因は食塩の過剰摂取。日本人は世界的にも食塩摂取量が多くリスクが高いと考えられる」と強調している。

 高血圧はかつては、年齢とともに上がると思われていたが、最近では若い頃から減塩や運動など、生活習慣に気をつけることにより高血圧が予防できることが分かってきた。プロジェクトでは「1に減塩、2に運動、3に薬物治療」をもとに、塩の摂取を減らし、体内減塩化を図ることの重要性を啓発していく。活動を通じて「高血圧の予防と高血圧患者のクオリティ・オブ・ライフの向上を目指す」としている。

 顧問には荒川氏のほか、木村玄次郎氏(名古屋市立大大学院心臓・腎高血圧内科学教授)、檜垣實男氏(愛媛大大学院病態情報内科学教授)、土橋卓也氏(国立病院機構九州医療センター高血圧内科医長)が就任。賛同団体・企業には日本ウオーキング協会、オムロンヘルスケア、万有製薬が参加している。

 2月には日比谷公園周辺でウォーキングイベント「鼻歌♪ウォーク」を開催し、俳優の石田純一氏も参加する予定。またインターネットで減塩食のクッキングコンテストも行う。

塩を減らそうプロジェクト

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

新着ニュース
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート