一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

1日の適正な塩分量を知っている人は1割程度 高血圧予防を啓発

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 二少(少食・少酒) 糖尿病 健診・保健指導

 医師や製薬企業などが参画し高血圧予防を啓発するキャンペーンを実施している「塩を減らそうプロジェクト」(代表顧問:荒川規矩男・日本高血圧協会理事長)は、塩分摂取と高血圧に関する意識調査を行った。
 高血圧患者もそうでない人も、9割が「食塩の過剰摂取が高血圧、ひいては脳卒中や心筋梗塞を引き起こす」ことを知っているが、適正な1日の塩分量を知っている人1割にとどまることが分かった。
塩分量の多い外食メニューの順位は?
 調査はインターネットを用い、昨年12月に実施。40〜79歳の男女約1200人が回答し、うち約600人が高血圧患者だった。

 塩分摂取と病気の関連について質問したところ、9割以上が塩分と高血圧について「関係がある」と回答しており、認知している人が多いことが分かった。しかし、塩分と関連が深いと思われる病気を尋ねたところ、「脂質異常症」では38%、「2型糖尿病」では53%と低く、高血圧以外の生活習慣病との関連は認知されていないという結果になった。

 糖尿病と高血圧をあわせもっていると、心疾患や脳卒中の危険が大きく高まる。そのため糖尿病の人は、血圧がそれほど高くない軽い高血圧でも、積極的な治療が必要とされる。糖尿病腎症を予防・治療するためにも、厳格な血圧コントロールは大切となる。

降圧目標(JSH2009)
  診断室血圧 家庭血圧

若年者・中年者    130/85mmHg未満   125/80mmHg未満 

高齢者    140/90mmHg未満   135/85mmHg未満 

糖尿病患者    130/80mmHg未満   125/75mmHg未満 

日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2009」より抜粋  





 また、ふだんの食生活で減塩に取り組んでいるという人は、高血圧患者で78%、高血圧患者でない人で65%に上るが、適正な1日の塩分量を把握している人は全体で34%、高血圧患者でも39%にとどまり、6割以上は「知らない」と回答した。「知っている」と回答した人でも、正しい基準である「1日6g未満」を把握している人は約3割に過ぎなかった。

 代表的な外食メニューに関して塩分量の多い順に順位を聞いたところ、「ラーメン」と回答した人が最も多く92%に上り、続いて「チャーハン(45%)」、「幕の内弁当(23%)」、「カレーライス(19%)」、「にぎり寿司(15%)」、「とんかつ(6%)」の順となった。

 実際には「チャーハン」1食に含まれる平均的な塩分量は1.9gで、「ラーメン」(6.2g)、「とんかつ」(5.0g)、「にぎり寿司」(3.7g)に含まれる塩分量はもっと多い。外食メニューの塩分含有量に関して正しく知られていないことが分かった。

 体内の塩を減らすことが高血圧予防につながる。そのために、食事での「減塩」に加え、野菜などを積極的にとりコレステロールや飽和脂肪酸の摂取を抑えたり、適正体重の維持、有酸素運動を中心とした運動の習慣化なども大切だ。

 減塩のほかに、カリウムを多く含む野菜や果物などの食品を摂取すると、塩分の排出を促進する。カリウムは、野菜やくだものに多く含まれている。調査では、減塩については認知していても、塩分を排出する食品に関しては全体で7割以上、高血圧患者でも半数以上が「知らない」と回答した。

 同プロジェクトでは、「日本高血圧学会が推奨する1日の適正な塩分摂取量は6g。しかし、日本人の1日の塩分摂取量の平均は10.9gと、目標値の1.8倍以上となっている。塩分を控えた食事をしても、食べる量が多いと摂取する塩分量も増えてしまうので、食事量にも注意が必要」と指摘。

 「福岡県久山町で実施された疫学調査では、血圧が140/90mmHgを超えると急激に脳卒中の発症率が増加することが報告されている。また、2002年の厚生労働省の国民生活基礎調査の結果より、寝たきりの原因として1番多いのは脳血管障害となっており、高血圧を放置すると脳血管障害を起こし寝たきりになるリスクが高まる」。

 また、日本高血圧協会理事長で福岡大学名誉教授の荒川規矩男氏は、「塩分をほとんどとらない民族では、年齢が上がっても高血圧が少ない。高血圧は年齢とともに上がると思われていたが、最近では若い頃から減塩や運動など、生活習慣に気をつけることで高血圧が予防できることが分かっている」と述べている。

塩を減らそうプロジェクト

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート