一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

テレビの見すぎは寿命を縮める 座ったまま過ごす時間を減らそう

キーワード: 糖尿病 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足

 テレビの1日の視聴時間が長いと心疾患リスクが高まり、視聴時間が1時間増えるごとに、死亡リスクは11%増加するという衝撃的な研究が発表された。テレビ番組の内容には関係はないが、テレビの前で座ったまま過ごす時間が増えるのは良くないという。研究結果は、米国心臓学会(AHA)が発行する医学誌「Circulation」1月26日号に発表された。
カウチポテト族はご注意:
テレビ視聴時間が増えると死亡リスクが増加
 オーストラリアのベーカーIDI心臓・糖尿病研究所(ビクトリア州)代謝・肥満部門のDavid Dunstan氏らは、25歳以上の男女8800人を対象に、ブドウ糖負荷試験などの検査を行い、血糖値やコレステロールなどのデータを収集、生活習慣についてのインタビューも行った。調査は1999〜2006年に追跡して行われた。

 対象者をテレビの視聴時間により、「1日2時間未満」、「2〜4時間」、「4時間以上」の3グループに分けた。その結果、1日の視聴時間が1時間増えるごとに、全死因による死亡リスクが11%増加することが分かった。死亡率の高い心血管疾患(CVD)によるリスクは18%、がんによるリスクは9%増加していた。

 さらに、1日のテレビ視聴時間が2時間未満の人に比べ、4時間を超える人では、すべての死因による死亡のリスクが46%も高くなった。関連する死亡リスクを心血管疾患に限ると80%高くなった。

 喫煙、高血圧、高コレステロール、不健康な食事、ウエスト周囲径、余暇時間、運動習慣などの心血管疾患に共通する独立した危険因子を考慮しても、テレビの視聴時間と心血管疾患との間に直接的な関連があることがあきらかになった。

 「こうした傾向は太りすぎや肥満の人だけに当てはまるものではない。標準体重の人であっても、1日に座りきりの時間が長い生活を続けていると、血糖や血中脂質に不健康な影響が出てくる」とDunstan氏は述べている。

日常で体を動かす時間を増やす工夫
 なんとも恐ろしい研究だが、研究者らは解決策も示している。それは日常で身体活動を増やす工夫をすることだという。運動が恩恵をもたらすことはよく知られているが、座ったままの時間が増えるのが良くないことは見過ごしがちだ。テレビはどの家庭にも普及しており、テレビ視聴が習慣になっていることに気付きにくい。

 「座ったまま過ごす時間を減らして、立ったまま体を動かす時間を増やすことが大切だ。文明が進歩し社会や経済が変化した結果、体を動かし筋肉を使う機会が急速に失われた」とDunstan氏は話す。「このこと体を動かす程度で決まるエネルギー消費量がどんどん減ることを意味している。多くの人にとって1日の基本的な運動は、イスから別のイスまで移動するだけにとどまっている。自動車のイスからオフィスのイスへ、それからテレビの前のイスへといった具合に」。

運動習慣は2型糖尿病患者の心血管疾患を予防する

 2型糖尿病の治療や予防の面からも、適度な運動は必要となる。体を動かさないでいると、筋肉が減少し脂肪の多い「かくれ肥満」になりやすい。そうなると基礎代謝が低下してしまう。身長・体重が同じであっても、かくれ肥満の人では同じ分量の食事をとっても使うエネルギー量が少ないので、高血糖や脂質異常が起こりやすくなる。

 米国心臓学会は2009年に、心血管疾患を予防する観点から、2型糖尿病患者の運動についての科学的ステートメントを発表した。心臓血管のリスクを減らすために、2型糖尿病の人は、週に適度な運動を少なくとも2.5時間行うか、活発な有酸素運動を1.5時間行うことを奨励している。

 からだがきついと感じるほどの運動は必要ないが、筋肉の量を減らさないために、適度な負荷をかけて行う筋力を中心とした「筋力トレーニング」もとりいれるとより効果的だ。

 運動を始める前に、主治医に相談をして安全で最適な運動療法を処方してもらことや、健康運動指導士をはじめとする専門家に相談することにより、より効果的な運動ができるようになる。

Sedentary TV time may cut life short(米国心臓学会)
Diabetes patients should have regular exercise, weight training(米国心臓学会)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート