一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

糖尿病とアルツハイマー病の負の連鎖 相互に影響し症状悪化

キーワード: 糖尿病 認知症 オーダーメイド医療

 糖尿病は未治療であったり血糖コントロールが不良であると、さまざまな合併症を引き起こすことが知られているが、近年ではアルツハイマー病の危険因子にもなるという研究報告が発表され注目を集めている。糖尿病とアルツハイマー病の関連について、その背景にあるメカニズムの多くはよく分かっていないが、両方が重なると相互に悪影響を与え、悪化しやすくなるおそれがあると考えられている。

 大阪大学の研究チームは、マウスを用いた実験で、糖尿病とアルツハイマー病を合併すると、アルツハイマー病の症状の進行が早くなり、血糖値が高くなる傾向があることをつきとめた。

 研究チームは、肥満と耐糖能障害のある肥満型のマウスと、肥満ではないが血糖値が高いやせ型のマウスの2種類を用いた。それぞれアルツハイマー病型のマウスとかけあわせ、糖尿病とアルツハイマー病を合併した2種類のマウスを作製し、代謝と認知機能を調べた。

 その結果、記憶力の実験では、肥満とアルツハイマー病をかけあわせたマウスでは、記憶障害の発症が生後約2ヵ月からみられ、通常のアルツハイマー病のマウスよりも発症が早まることが分かった。やせ型の糖尿病とアルツハイマー病をかけあわせたマウスでも、早い時期から記憶障害が起こり、耐糖能障害がより高度に進んでいた。このことから糖尿病とアルツハイマー病が相互に悪影響をもたらすことが示唆された。

 アルツハイマー病の発症に、「ベータアミロイド」と呼ばれる異常蛋白質の蓄積や、脳内の血流が悪くなることが影響していると考えられている。糖尿病とアルツハイマー病を合併したマウスでは、脳血管でベータアミロイドが多く蓄積していることが分かった。また、脳の炎症によってベータアミロイドが蓄積しやすくなるが、合併マウスではアルツハイマー病単独のマウスに比べ、早い時期から脳血管で炎症反応が進んでいた。

 研究者らは、糖尿病とアルツハイマー病の発症について、「脳血管の変性と脳内のインスリン・シグナル伝達が深く関わっている可能性がある」と述べている。2つの病気が相互に影響し症状が悪化する悪循環を断ち切るためには、早い時期から治療を開始し、血糖コントロールを改善することが重要だという。

 この研究は、大阪大学医学部臨床遺伝子治療学の森下竜一教授、里直行准教授らによるもので、1月に大阪で開催された第24回日本糖尿病・肥満動物学会で発表されたほか、米科学アカデミー紀要(電子版)に3月15日に掲載された。

Diabetes-accelerated memory dysfunction via cerebrovascular inflammation and Aβ deposition in an Alzheimer mouse model with diabetes
Proceedings of the National Academy of Sciences, March 15, 2010, doi: 10.1073/pnas.1000645107

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

テーマ ▶ オーダーメイド医療

2017年07月05日
膵臓がん 簡易な血液検査で早期発見 鹿児島で臨床研究を開始
2017年04月05日
「遠隔診療」活用に未治療者の過半数が積極的 「治療の継続が楽に」
2016年10月04日
医療費が41兆円に増加 13年連続で過去最高 高額な医薬品が登場
2016年01月19日
がんの遺伝子情報にもとづく「個別化治療」の実用化へ向けて前進
2012年07月23日
遺伝子研究に1万人が協力 山形分子疫学コホート研究
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート