一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

甘い飲料とジャンクフード制限で肥満減少 “ソーダ税”も検討

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 糖尿病 肥満症/メタボリックシンドローム

 学校で砂糖を多く含む飲料や、糖分、塩分、脂質分の多いジャンクフードの販売を規制すると、子供の肥満を減らすことができる――こんな研究が米国で発表された。米国では成人対象でも新たに課税することで、肥満や2型糖尿病への対策を進めようとしている。
学校で販売を規制し、子供の肥満が減少
 塩分、脂質、糖分の多い栄養価の乏しい食品が、子供の体重増加を加速し、将来に2型糖尿病などの生活習慣病の発症に結び付くことを示唆した研究が米国で発表された。この研究は、保健学術誌「Health affairs」3月2日号に掲載された。

 米国では小児肥満が過去30年間で3倍以上の割合で増えており、子供の3人に1人は太りすぎか肥満だという。

 カリフォルニア州のシュワルツネッガー知事は、子供の肥満対策として、州内の公立学校で砂糖を加えて過度に甘くした炭酸飲料やジャンクフードの販売を全面的に制限する法律を2003〜2005年に成立させたが、こうした規制が小児肥満にどのように影響するかは分かっていなかった。

 研究では、カリフォルニア州の9〜10歳の5年生と、12歳〜13歳の7年生を対象に行った身体・体力調査の体格指数(BMI)の測定データを解析。その結果、過体重の子供は、規制が行われる前は全学年で男子・女子ともに増加していたが、2004年に規制が始められてから3年間であきらかに減少したことが分かった。減少傾向がみられなかったのは5年生の女子だけだった。

 ロサンジェルスの子供を対象にした調査でも同様の結果となり、甘い清涼飲料やジャンクフードを規制した後では、過体重や肥満は減少していた。

 「この研究は、カリフォルニア州全体で小児肥満に関わる政策を検証した最初の例となる」とサンフランシスコ州立大学のEmma Sanchez-Vaznaugh准教授(保健教育学)は話す。

 「子供は学校でおやつを、少なくとも1日に1回はとっている。我々の調査では、適正体重を維持している子供はわずか4割に過ぎないことが示されている。子供の肥満の割合はまだ高いので、効果的な政策が必要だ」。

 子供の間食は1970年代末から急激に増えた。間食をとる子供は1977年には74%だったか、2006年には98%に増加したという。アイスクリームやチョコレート、クッキーなど糖分や脂肪分の多い食品や、クラッカー、プレッツェルなど塩分の多い食物の摂取量が増え、子供だけでなく成人でも、甘い食べ物と飲み物は依然として好まれている。

 「小児期の食習慣は成人してからも大きな影響を及ぼす。子供が食物を選ぶことができ、肥満を予防する生活習慣を学べる環境をつくることが重要だ」とSanchez-Vaznaugh氏は述べている。

ニューヨークでは高カロリーの飲料に課税
 ニューヨーク市の発表によると、糖尿病をもったニューヨーク市民では、治療をきちんと行っている人と行っていない人とで、大きな差があるという。糖尿病の人が高血圧や高コレステロールを治療しないでいると、心筋梗塞などの心疾患の危険が高まる。

 しかし調査によると、治療を受けて血糖コントロールと、高血圧やコレステロールのコントロールを行っている人は10%未満で、90%以上は糖尿病合併症の発症の危険にされさせれているという。

 肥満と運動不足が重なり、2型糖尿病はこの20年間で「伝染病」といえるほど急増している。糖尿病と診断された市民は約50万人。さらに20万人が糖尿病が疑われるという。糖尿病を発症していない人でも、血糖値の高い糖尿病予備軍は140万人に上る。

 「糖尿病が我々の街をおびやかしている」とニューヨーク市保健当局のThomas R. Frieden医師は言う。「血圧、コレステロール、血糖がコントロールされない数十万人もの糖尿病の市民が、心臓発作や脳卒中、失明、腎不全などの危機にされされている」。

 糖尿病をもった人の8割以上は太りすぎか肥満。肥満と2型糖尿病の増加させる原因のひとつとして、高カロリーの清涼飲料やジャンクフードの食べすぎが挙げられている。同市の調査によると、成人の27%が毎日1回以上、糖分の多い炭酸飲料などの飲料を飲んでいるという。そうした飲料を飲むと、缶入り飲料では2缶で300kcal以上を余分にとることになる。

 そこでニューヨーク州は、炭酸飲料などに課税する方針を打ち出した。州の案では1缶(355ml)につき約12セント(約11円)の上乗せを検討している。

 州保健当局では、肥満は2型糖尿病をはじめ、公衆衛生における重要な課題とした上で、「高カロリーの飲料の低価格化は、成人と子供にとって脅威になると」と課税の必要性を説明している。同州では若年者での肥満の割合が過去30年で3倍に増加しており、住民の間では新たな税負担を容認する声も少なくないという。

 「糖尿病との戦いでは良いニュースもある。それは対策をすれば予防と治療・管理ができることだ」と保健当局では述べている。

 「ライフスタイルを変え、健康的な食事とり、より多く運動する習慣を定着させ、高カロリーの飲料を避けることで糖尿病をもっている人々は長生きできる。ライフスタイルの改善と適切な治療を受け、血糖値や血圧値、コレステロール値をコントロールすることで健康的な生活をおくることができる」。

‘Competitive’ Food And Beverage Policies: Are They Influencing Childhood Overweight Trends?(Health affairs)
New school policies may help stem obesity rates(サンフランシスコ州立大学)

関連情報
テレビの見すぎは寿命を縮める 座ったまま過ごす時間を減らそう-糖尿病NET

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月10日
糖尿病のある人はコレステロール管理がより重要 米国でGLが改訂
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
2018年11月30日
糖尿病やメタボの原因糖質が判明 ジュースやお菓子が勧められない理由

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
2018年11月01日
なぜ「朝食」は食べた方が良いのか? 糖尿病や体重の管理が改善
全国生活習慣病予防月間2019少酒
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典