一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

病院に対する患者の満足度が高まる 厚労省調査

キーワード: 健診・保健指導

 外来で病院にかかったときの患者の満足度が高まっていることが、厚労省がこのほどまとめた「2008年受療行動調査」で分かった。

 調査は、全国の約500病院の患者約15万人を対象に、患者の受療状況や医療に対する満足度などを調べたもの。主な内容は次の通り――

  • 患者の満足度はここ数年で高まっている
     外来で病院にかかったときや、入院したときの患者の満足度は、ここ数年で高まっている。2008年調査では外来患者で「満足」と答えた割合は58.3%で、3年前の前回調査に比べ4.5ポイント高くなった。「ふつう」は29%、「不満」は5.4%で、ともに前回調査よりも減った。
     医師や医療スタッフが治療内容について、患者に資料を見せながら理解しやすいように説明したり、カルテなど診療記録を見せながら詳しく説明する機会が増えているとみられる。治療についての十分な説明と同意を意味する「インフォームド・コンセント」という言葉も一般的に使われるようになった。

  • 外来患者が必要と感じる情報は「医師などの専門性」、「検査や治療方法」
     病院を選ぶときに外来患者が必要とした情報は、「医師などの専門性や経歴」(48.7%)がもっとも多く、次いで「受けることができる検査や治療方法の詳細」(47.9%)、「安全のための取り組み」(34.9%)と続く。
     また、外来患者のうち、必要とした情報を「入手できた」と回答したのは、「医師などの専門性や経歴」(14.7%)、「受けることができる検査や治療方法の詳細」(13.7%)、「安全のための取り組み」(5.5%)となっている。

  • 参考にした情報は「医師による紹介」
     病院を選ぶときに外来患者が必要とした情報は、「医師による紹介」(43.1%)がもっとも多く、次いで「家族・友人・知人」(40.1%)となっている。病院の種類別にみると、特定機能病院や大病院は「医師による紹介」が多く、小病院や療養病床を有する病院は「家族・友人・知人」が多い傾向がある。

  • 説明のわかりやすさが患者の理解を促す
     外来患者が医師などから受けた説明の理解度をみると、「わかった」と回答した割合は、「病名・病状」(95.7%)がもっと多く、次いで「治療の方法・期間」(90.7%)、「病気についての今後の見通し」(84.1%)、「薬の効能・副作用」(86.2%)、「栄養・運動等の生活習慣上の指導」(87.3%)と続く。

平成20年受療行動調査(確定数)の概況(厚生労働省)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート