一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

健康食品の市場規模は1兆7700億円 アンチエイジングが拡大

キーワード: トクホ 健康食品

 市場調査の富士経済が2010年の健康美容食品(20効能分野)の市場規模を予測し公表した。整腸効果やダイエット、生活習慣病予防、栄養バランスなどを志向した健康食品やサプリメントを含む2010年の市場は1兆7700億円。今後もアンチエイジング関連の市場が伸びるとしている。

 それによると、過去6年間で増えた分野は、肝機能改善、アイケア、美肌効果、リラックス、覚醒効果、栄養バランスなど。生活習慣病予防の効果をうった商品も一定のニーズを得ており、高血糖改善をうたった難消化性デキストリンは前年比137%の延びを示している。

 注目されているのは、抗酸化作用や循環器代謝などの改善をうたったアンチエイジング関連商品。市場規模は5200億円で、健康美容食品市場の3割近くを占めるようになった。「アンチエイジング」という言葉が定着し、美肌効果や骨・関節サポートに加え、生活習慣病予防、ホルモンバランスなどさまざま商品が出ている。

 高齢者人口の増加に伴い、アンチエイジングを訴求した商品に対するニーズは確実に拡大するとしている。成分は生活習慣病予防に加えて、肝機能改善、骨・関節サポート、ホルモンバランス分野、β-カロチン、プロポリス、霊芝、アガリクス、エキナセアと美肌効果のコラーゲン、ヒアルロン酸、アスタキサンチンなどがある。

 骨強化や関節痛に関する商品も、前年比110%の伸びを示し好調だ。加齢に伴い不足しがちになるカルシウムの摂取を目的とした乳飲料やサプリメントが早い時期から商品化されていたが、関節やひざの痛みに対応した成分としてグルコサミンやコラーゲン、ヒアルロン酸などが認知されるようになり、利用者が増えているという。

 骨粗鬆症のリスク低減を訴求した特定保健用食品(トクホ)で売上が好調な商品が出ており、今後も市場の拡大が見込まれる。膝の痛みなどに対応する成分としてグルコサミンも認知されており、繰り返し利用するユーザーも増加している。

 健康食品やサプリメントの販売は薬局・薬店が主体となるが、通信販売が前年比で5%近い伸びを示しているほか、乳飲料の宅配ルートでの販売も中高年や高齢者をターゲットに着実に成長しているという。

(株)富士経済

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健康食品

2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年10月26日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
2020年08月28日
【新型コロナ】ポビドンヨードを含むうがい薬がコロナに効く? 薬局などで売り切れが続出
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

テーマ ▶ トクホ

2016年06月23日
「機能性表示食品」に課題 信頼性に不安も 科学者による初の採点を公開
2016年03月30日
温州ミカンの「β-クリプトキサンチン」が生活習慣病の予防に有用
2010年08月03日
トクホ制度を見直し、許可後も報告を義務化 消費者庁
2010年04月27日
トクホ市場が初の減少 生活習慣病予防の品目は堅調
2010年04月01日
健康食品の市場規模は1兆7700億円 アンチエイジングが拡大
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート