一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

HbA1c検査は糖尿病と心血管疾患リスク予測に有用

キーワード: 糖尿病

 HbA1cの測定は、米国で糖尿病診断に用いられ一般的に行われている空腹時血糖値の測定に比べ、将来の糖尿病や虚血性心疾患などの罹患リスクを予測するのにより適しているという研究が米国で発表された。
空腹時血糖を上回る長所がある
 HbA1c値は、将来の糖尿病の発症や、脳卒中、心疾患など死亡率の高い病気を予測するのに、より有用だという。米Johns Hopkins大学のElizabeth Selvin氏らによるこの研究は、「New England Journal of Medicine」3月4日号に発表された。

 診断のための検査として「HbA1cは空腹時血糖を上回る長所をもつ」とSelvin氏は話す。HbA1c検査値はより再現性が高く、日差変動が低い。ストレスや病気による影響も少ない。患者にとっては、検査前に食事を禁止されなくて済むというメリットがある。

 米国では長いあいだ、糖尿病診断に空腹時血糖値が用いられてきたが、HbA1c値をより重視する方向に切り替わっている。今年1月に米国糖尿病学会(ADA)は、糖尿病のスクリーニングと診断のためのガイドラインを改定した。糖尿病の初回診断、および将来に2型糖尿病を発症する危険の高い「糖尿病前症(pre-diabetes)」を識別するために、HbA1c値をみることを推奨している。

 ADAの新しいガイドラインでは、HbA1c値が5.7〜6.4%の人は今後5年で糖尿病を発症する危険が「非常に高い」と判定され、5.5〜6%であると予防的な測定を始めるのに適していると判定される。

 「米国には、糖尿病が疑われるが、診断が未確定の人が900万人もいる。臨床診療でHbA1c検査を活用すれば、治療を必要とする患者を識別するのに大いに役立つだろう」とSelvin氏は強調している。

 研究結果をもとに、「糖尿病と診断されない人でも、HbA1c検査の測定値が“6.0%以上、6.5%未満”だった場合は、将来に2型糖尿病を発症する危険が「とても高い」ので、定期的に検査を受け、医師からアドバイスをもらった方が良いとしている。*

* HbA1c値は、日本糖尿病学会が定め国内で広く使用されているJDS値と、米国を中心に世界的に普及しているNGSP値とでは、算出方法と値が異なる。日本のHbA1cは米国よりも0.4%低値であり、米国糖尿病学会(ADA)と国際糖尿病連合(IDF)、欧州糖尿病学会(EASD)によって設置された国際委員会が勧告しているカットオフ値6.5%は、日本の基準では6.1%になる。
HbA1c値が高いほど、将来に糖尿病を発症するリスクが高い
 研究の対象となったのは、ARIC(Atherosclerosis Risk in Communities)研究に登録された、糖尿病の罹病歴のない1万1000人以上の白人または黒人。ヘーガーズタウン、ミネアポリス、ミシシッピ、フォーサイスの4つのARIC研究センターで、1990〜1992年の受診時に採血した全血サンプルを冷蔵保存し、HbA1cを測定した。加えて、血圧、脂質値、体格指数(BMI)、ウェストヒップ比、飲酒量、喫煙歴、学歴なども調べた。

 ベースラインのHbA1c値に基づき対象者を5群に分け、その後の糖尿病と心血管疾患の発症との関連を調べた。その結果、ベースラインのHbA1c値が高いほど、追跡期間中の糖尿病の罹患率が高くなることが分かった。

 糖尿病と診断されたハザード比は、HbA1c値が5.0%未満の群では0.52と有意に低かったが、5.5%〜6.0%で1.86、6.0%〜6.5%で4.48、6.5%以上で16.4と、HbA1c値が上がるにつれ高くなった。一方、冠動脈疾患のハザード比も、それぞれ0.96、1.23、1.78、1.95と、HbA1c値が上がると高くなった。

 次に、空腹時血糖値に基づいて対象者を3群(100mg/dL未満、100〜126mg/dL、126mg/dL以上)に分け比較したところ、糖尿病の発症予測では有意な値となったが、冠疾患、脳卒中、全死因死亡との関係はみられなかった。

Hemoglobin A1c Outperforms Fasting Glucose for Risk Prediction(Johns Hopkins大学)
Glycated Hemoglobin, Diabetes, and Cardiovascular Risk in Nondiabetic Adults(NEJM)
New England Journal of Medicine, Volume 362: 800-811, March 4 2010, Number 9

関連情報
米国糖尿病学会で新たな診断基準にHbA1cを推奨(糖尿病NET)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典