一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

ウォーキングが女性の脳卒中リスクを低下 米国で4万人を調査

キーワード: 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 脳梗塞/脳出血

 週に2時間以上歩いている女性では、歩かない女性に比べ、脳卒中を発症するリスクが著しく低下することが、米ハーバード公衆衛生大学院の研究者らによる12年に及ぶ追跡調査で分かった。特に時速4.8キロメートル以上の速度で活発に歩く女性では、脳卒中のリスクが37%低下するという。
運動習慣のある女性では脳卒中リスクが最大で37%低下
 調査の対象となったのは、米国で実施されている大規模研究「Women's Health Study」に参加した医療・保健に従事する健康な女性3万9315人(平均年齢54歳)。約12年間、運動を行う時間や内容、ウォーキングの速度、時間などを2〜3年おきに調査した。

 歩行速度は参加者の自己申告にもとづき、「ゆっくり(時速3.2キロメートル)」、「通常(4.8キロメートル未満)」、「活発(6.4キロメートル未満)」、「非常に活発(6.4キロメートル以上)」に分けられた。

 運動の内容はウォーキングの加えて、ハイキング、ジョギング、ランニング、自転車、エアロビクス・ダンスなど有酸素運動、運動機器の使用、テニスやスカッシュ、ラケットボール、水泳、ヨガ、ストレッチングなども含まれる。

 調査期間中に579人が脳卒中を発症した(虚血性脳卒中473人、出血性脳卒中102人、不明4人)。解析した結果、下記のことがあきからになった――

  • 脳卒中を発症するリスクは、活発に歩く女性では37%低下し、週に2時間以上歩く女性では30%低下する。
  • 出血性脳卒中に限ってみると、活発に歩く女性ではリスクは68%低下し、週に2時間以上歩く女性では57%低下する。
  • 虚血性脳卒中に限ってみると、活発に歩く女性ではリスクは25%低下し、週に2時間以上歩く女性では21%低下する。

 「ウォーキングを習慣化している女性では、そうでない女性に比べ、脳卒中全体、出血性脳卒中、虚血性脳卒中のいずれにおいても、発症率が低下していた」とハーバード公衆衛生大学院のJacob R. Sattelmair氏は述べている。「脳卒中を予防する観点でみると、週に2時間以上、活発に歩くことが分かれ目になる」という。

1日30分のウォーキングが恩恵をもたらす
 これまでの研究でも、一般的に活発に体を動かしている人では、そうでない人に比べ、脳卒中の危険性は25〜30%低くなることが示されている。ウォーキングを含めた適度な運動は高血圧の予防にも効果がある。

米国心臓学会のキャンペーン
4月7日はウォーキング・ディ(Walking Day)

 米国人の67%は過体重や肥満です。座りきりの生活が定着し運動不足になっているのが要因です。このままで心臓病を合併する危険が高まります。今日から1日30分のウォーキングを始めましょう。女子ボクシング王者のレイラ・アリ(Laila Ali)さんがスポークスパーソンを務め、「アメリカ人は運動を習慣的に行おう」と呼びかけます。
ウォーキングを始めよう「ウォーキング・ディ」(米国心臓学会)
 「運動を習慣として行うことは、脳卒中を予防するために大変に有効だ。身体活動は心臓血管を健やかにし、心疾患の危険性を減らす。ウォーキングは身近な取り組みやすい身体活動となる」とSattelmair氏は述べている。

 「どのような運動を行うと、どのタイプの脳卒中の予防に有効かはあきらかになっていない」としながらも、「運動をすることが予防につながることは確かだろう」としている。

 心拍数モニターを使用すればより客観的に評価することができるが、日常の感覚で速度を見分けることもできるという。「“会話をできるが、歌うことはできないくらいの速度”であると活発な歩行(4.8〜6.3キロメートル)に相当する。会話もできないくらいであるとペースが速すぎるので少し落とした方が良い。逆に歌えるくらいであれば、もう少しペースを上げた方が良い」とSattelmair氏は話す。

 米国心臓学会(AHA)では、成人は適度な強度の運動を週に150分以上、あるいは活発な有酸素運動を週に75分、さらには両方を組み合せて行うことを勧めている。4月7日には全米で「ウォーキング・ディ」を開催し、「1日30分のウォーキングが循環器に恩恵をもたらし、コレステロールと血圧を改善し、減量にもつながる」と啓発した。

Walking associated with lower stroke risk in women(米国心臓学会)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月12日
日本高血圧学会が「台風19号により被害を受けられた皆さまへ」を公表

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2019年11月22日
ナッツが肥満や糖尿病のリスクを低下 ジャンクフードをナッツに置き換える食事法
2019年11月22日
保健指導で「食べる順番」に重点をおいた食事指導をすると減量効果が大きい
2019年11月22日
肥満・メタボの増加の原因は小児・若年期にある ユニセフ「世界子供白書2019」
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
食事の改善で「腎臓病」のリスクを減らせる 高血圧・糖尿病・肥満がCKDの要因

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
魚を中心とした日本食は健康食 魚油のサプリメントについては賛否あり
2019年11月06日
ワカメなどの海藻を食べると心疾患リスクが低下 日本食の新たなメリットを解明
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
2019年09月05日
糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート