一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

健保組合、過去最大の赤字 10年度予算で6600億円

キーワード: 健診・保健指導

 全国の健保組合で構成される健康保険組合連合会(健保連)は4月7日、景気低迷による保険料収入の減少などで、今年度の健保組合全体の赤字額が過去最悪の6600億円に膨らむ見込みだと発表した。赤字額は昨年度から398億円増となる。

 健保連は「約9割の組合が赤字となり厳しい状況が続いている。被保険者の賃金が上がらず、保険料収入が落ち込んでいる。今後は保険料率の引き上げも視野に入れ対応していかなければならない」と述べている。
9割の組合が赤字 3年連続
 集計結果は、今年度予算データの報告があった1313組合の数値をもとに、全1462組合(4月1日現在)ベースの予算状況を推計し、前年度と比べたもの。

 それによると、組合数は1462組合で、前年度と比べ23組合減少した。ピークだった平成4年度に比べ365組合減少しており、今後も減少が見込まれている。被保険者数も34万4015人減の1567万4364人となった。一方で平均標準報酬月額と平均標準賞与額は減少し、特に賞与額の減少が著しいという。

 352組合が保険料率を引き上げ、全体の保険料率の平均は7.616%(昨年度比1.87%増)になったが、保険料収入は1.36%減少し、経常収入では2.20%の減少になる見通しだ。経常支出も1.43%減少し、今年度の経常収支は過去最悪の6605億円の赤字になると推計している。

 赤字組合数は全体の88.58%(1295組合)となる予想で、その割合は前年度の91.04%からやや改善する見通しだが、健保連では「依然として厳しい状況が続いている」とみている。

 健保組合の財政状況の推移をみると、14年度決算で約4000億円の赤字を計上。15年度以降は総報酬制導入や7割給付の実施などによりやや改善したが、20年度からは新たな高齢者医療制度の創設に伴う納付金等負担の増大により赤字額が急増している。

 今後も経済や雇用情勢の急激な改善が期待できず、法定給付費や納付金などの増加が見込まれるため、来年度以降も財政状況がいっそう深刻化すると懸念している。

 現在、国会では国保法等改正案が審議されている。財政状況が逼迫している全国健康保険協会(協会けんぽ)の国庫補助を削減して、健保組合などの負担増分で賄い「肩代わり」する特例措置が盛り込まれてあり、健保連では反対を表明している。法案が成立した場合は、今年度に330億円、来年度に500億円のそれぞれ負担増になる見込みだという。

健康保険組合連合会(健保連)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート