一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

「脳トレーニング」ゲームでは効果を期待できない

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 認知症

 思考力や記憶などの認知機能を鍛える「脳トレーニング」をうたったコンピュータゲームを利用しても、認知能力を高める効果はあまり期待できないことが、全英で1万人以上を対象に実施された研究であきらかになった。この研究は英科学誌ネイチャーに4月20日付けで発表された。

 研究チームは、18〜60歳の健康な1万1430人を3つのグループに分け、英国で販売されているコンピューターゲームを用いて1日10分の脳トレを週3日以上、6週間続けてもらい、その影響を調べた。

 1つめのグループは論理的思考、立案・問題解決能力など一般的な知的能力を高めるゲームを、2つめのグループは短期記憶や注意力、空間視覚を高めるゲームを行ってもらい、3つめのグループは脳トレとは無関係に課題を与えてインターネットで回答を調べてもらう作業をしてもらった。

 期間終了後に記憶力、推察、学習といった一般的な認知能力を測定するテストを行ったことろ、脳トレを続けたグループではほとんど向上しておらず、3グループ間での差もなかった。

 「脳トレを行った回数は結果に影響しておらず、トレーニングを重ねれば効果が上がるという仮説は覆された」とケンブリッジの医学研究審議会(MRC)の神経科学者であるエードリアン・オーウェン氏は話す。「ゲームが面白くてやっているのならかまわないが、頭を良くすることを期待しているのなら、時間とお金を無駄にするだけかもしれない」。

 加齢による影響を抑えるために、活発で知的な生活をおくることや、身体活動を行うことが効果的であることはあきらかにされている。研究者らは、「脳トレ」をうたったゲームに時間を費やすよりも、「本を読んだり、絵を描く、人に会うなど、創造的な生活をおくる方が効果があるだろう」と指摘している。

No gain from brain training(Nature News)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 認知症

2018年12月27日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年11月09日
糖尿病の治療薬が「アルツハイマー病」のリスクを減らす 脳の血管を保護
2018年09月10日
社会的な孤立が生きがいの喪失につながる 社会保障・人口問題研究所「生活と支え合いに関する調査」
2018年08月28日
「認知症」を恐れる中高年が大多数 政府の施策は「知らない」 日医総研
2018年07月26日
認知症の原因は「日常生活活動」の低下 日常活動や社会的活動が大切

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典