一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

笑いの効用を検証 吉本がグリコなどと実験

キーワード: 高血圧 糖尿病

 江崎グリコ、ファーマフーズ、吉本興業の3社は共同で、アミノ酸の一種である「GABA(ギャバ)」摂取と笑いを組み合わせることで、体にどのような影響があるかを検証する健康プロジェクトを開始した。

 一般的にストレスを受けると、カテコールアミンなどのホルモンの分泌が増える。これらは高血圧や動脈硬化の原因となることから「ストレスホルモン」とも呼ばれる。リラックスした状態で笑いに対する感受性を高めると、ストレスホルモンが低下し血圧値や血糖値が下がるという報告がある。

 一方で、玄米などに含まれるアミノ酸の一種である「GABA(ギャバ)」は、血圧の低下作用のある抑制性神経伝達物質と考えられており、GABAを成分とする特定保健用食品(トクホ)も許可されている。

 今回の試験は、健康に良いといわれる「笑い」と、GABAを摂取した場合の効果を科学的に検証するもので、GABA素材を開発・提供しているファーマフーズの呼びかけで実施される。

 検証試験は、社内ボランティアを対象に4月に3回実施。ストレスを強めた状態でGABAを摂取、吉本興業所属芸人の漫才と落語を観覧してもらう。血液とだ液を調べ、ストレスホルモンの増減や免疫細胞の活性度合いなど6項目を調べ、笑いとGABAの効果を判断する。同じ実験をさらに2回行い、5月中に結果をまとめる。

笑いと健康
 近年、笑いの健康や心への効用は注目されている。笑いが血圧値や血糖値を下げることを実証した研究が発表されており、医療・介護分野でも笑いをとりいれた取り組みも出ている。自治体などが開催する糖尿病教室で、筑波大学の林啓子教授が提唱する「笑み筋体操」を紹介する例などが増えている。
 笑いの本場を自負する大阪では、府が「笑いが健康に役立つ」として2006年に啓発冊子を発刊。漫才や新喜劇を見て大いに笑うとがん細胞を攻撃する免疫細胞が増えたり、糖尿病患者で血糖値が下ることを実証した調査例を紹介している。

「笑いと健康」事業(大阪府)

(株)ファーマフーズ

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2019年01月15日
糖尿病腎症を予防 自覚症状のない糖尿病 重症化を防ぐ取組みを紹介 厚労省が報告書
2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月09日
β細胞を増殖させる治療薬を開発 糖尿病の新たな治療法に期待
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも

疾患 ▶ 高血圧

2019年01月18日
健康について何でも相談できる「かかりつけ医」を検索できるサイトを公開 日本臨床内科医会
2018年12月26日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月12日
糖尿病の食事改善をアプリで支援 金沢大学などが新たな保健指導サービス
2018年11月27日
野菜で脱メタボ 宮城県が野菜の摂取を促す「みやぎベジプラス100」
2018年11月27日
スポーツを通じて女性の活躍を促進 子育て世代もサポート スポーツ庁
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典