一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

【世界禁煙デー】 公共施設を全面禁煙、市民の禁煙をサポート

キーワード: 「無煙」喫煙は万病の元

 「禁煙」はがんや循環器病などの生活習慣病を予防する上で重要だ。習慣的に喫煙している人の割合は年々減少しているが、男性37%、女性9%と、特に男性で依然として高い割合を示している(2008年国民健康・栄養調査)。公共施設で全面禁煙にふみきったり、自治体が禁煙をサポートする例も増えてきた。

 厚生労働省は5月31日の「世界禁煙デー」と同日から始まる「禁煙週間」に合わせ、記念シンポジウムを開催するなどさまざまな取り組みを実施する予定。「世界禁煙デー」は世界保健機関(WHO)が定めたもので今年で23回目となる。厚労省(旧厚生省)では1992年から、世界禁煙デーから1週間を「禁煙週間」として定め、さまざまな施策を講じてきた。

 今年は「女性と子どもをたばこの害から守ろう」をテーマに、喫煙と受動喫煙による健康被害などについての普及啓発を積極的に行う。5月31日-6月6日には、公共の場は原則として全面禁煙であるべきという考えから、厚労省のある庁舎内でのたばこの自動販売機の停止や、全面禁煙を省内放送で職員に呼びかけるなどの取り組みを実施する。

 また5月30日の日曜日には都内で記念シンポジウムを開催する。特に性差に着目し、喫煙と受動喫煙による健康被害を中心とした喫煙問題について専門家を招いて議論を進める予定。

 「世界禁煙デー」に合わせて、公共施設の敷地内を全面禁煙にふみきる自治体も増えている。大阪府吹田市に次いで、千葉県柏市が5月より、市が所有する市役所・近隣センター・図書館など公共施設や公園・スポーツ施設など、全公共施設の敷地内を全面禁煙にすると発表した。これまで行っていた建物内禁煙だけでは、非喫煙者が受動喫煙する可能性を完全になくすことができないとして、全面禁煙へと対策をより徹底させる。

 喫煙を「やめたい」という人に対するサポートも必要だ。神奈川県はたばこ対策の一環として、禁煙サポート事業「かながわ卒煙塾」を5月下旬から県内5ヵ所で開講する。

 卒煙塾は、(1)たばこをやめる動機付けや情報提供を行う「卒煙チャレンジ講座」、(2)かながわ健康財団に「卒煙宣言書」の提出、(3)医療機関の禁煙外来の紹介や保健所などへの相談、グループワークなどで禁煙を促す「卒煙フォローアップ講座」、(4)禁煙に成功した人に「卒煙証」を授与する卒煙式――の流れで実施する。

 県が3月に発表した受動喫煙に関する調査では、9割以上が「受動喫煙が肺がんや心臓病などの生活習慣病の危険性を高める」と認知しており、喫煙者の65%が「たばこをやめたい」、「減らしたい」と回答した。

2010年世界禁煙デー記念シンポジウム
たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省)
全面禁煙宣言施設(大阪府)
たばこ対策(神奈川県)

[Terahata]

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 「無煙」喫煙は万病の元

2021年01月15日
喫煙が「排尿症状」の悪化の要因に とくに若年男性でタバコの悪影響は深刻 世界初の大規模研究を実施
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月06日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート