一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

「LDL-C測定は、直接法でなくF式で」動脈硬化学会が新見解

キーワード: 脂質異常症(高脂血症)

 わが国で開発され特定検診のスタートとともに国内で急速に普及した、LDL-コレステロール(LDL-C)直接測定法。その測定精度に問題があることが一部で指摘されていたが、日本動脈硬化学会は、4月26日、現状において一般診療ではFriedewald式(F式)でLDL-Cを求めることを基本とするとの見解を発した。

 これに伴い、トリグリセライド(中性脂肪。TG)が高くて(400mg/dL以上で)F式を用いられない場合には、non-HDL-コレステロール(non-HDL-C)を管理指標の参考とすることも、あわせて推奨している。糖尿病やメタボリックシンドロームでは、LDL-Cが高くなくてもTGが高くなりやすく、今後、non-HDL-Cを重視すべきケースも多くなると考えられる。

 会見での発趣旨は次のような内容。

TCからLDL-Cへの流れ
 総コレステロール(TC)が高いことが動脈硬化の進展と密接な関係があることは古くから知られており、豊富なエビデンスがある。そしてコレステロールの中でも動脈硬化の進展とより強く関係しているのはLDL-Cであり、HDL-Cは動脈硬化の改善に働くことも、その後あきらかになった。このため、前者は“悪玉コレステロール”、後者は“善玉コレステロール”と呼ばれるようになった。こうして、動脈硬化の防・治療の観点からはTCではなくLDL-Cを評価基準とすべきとの考え方が広がった。実際、日本動脈硬化学会の最新のガイドライン(2007年版)では、脂質異常症(高脂血症)の診断基準から、以前のガイドライン(2002年版)にあった「TC220mg/dL以上」という項目を外している。

 このような変化を背景に、TCよりもLDL-Cを重視する考え方が定着したのだが、LDL-Cの値を直接的に測定する簡便な方法が当時はなく、〔TC - HDL-C - TG ÷ 5〕というF式から間接的に計算される数値が広く用いられてきた。「LDL-Cを下げれば下げるほど動脈硬化性疾患が減る」という今日のスタンダードが確立されまでに行われてきた数々の臨床研究も、すべてF式によってLDL-Cを求めたものだ。

LDL-C直接法の登場と特定健診のスタート
 「TCよりもLDL-C」という考え方が定着して以降、国内においてLDL-Cを短時間で直接的に測定できる方法が開発され、数社から測定キットが発売された。これとほぼ同時にスタートした特定健診・保健指導(いわゆるメタボ健診)では、それまで行われていた老健法による「基本健康診査」の検査項目に入っていたTCにかわり、LDL-Cが盛り込まれた。それによって、LDL-Cを直接測る方法(LDL-C直接法)が、国内で一気に普及した。

 とくに、TGが高いことが多いメタボリックシンドローム該当者をスクリーニングするという特定健診の性格上、F式が使いづらく、LDL-C直接法の導入は理に適ったものでもあった。また、動脈硬化のリスクを正確に把握するという意味で、一般臨床においてもこのような流れは本来、望ましいものであるはずだった。

LDL-C直接法の問題点
 しかしその後、LDL-C直接法で測定した検査値には、測定精度上の問題が少なくないことが、次第に明らかになった。LDL-Cが基準値の範囲内であれば、どの測定キットも分な測定精度を保っているが、LDL-Cが高値になると信頼性が下がり、中には30mg/dLもの誤差が生じるキットもあり、メーカーごとのばらつきも大きいことが報告された。

 このことは昨年(2009年)7月の日本動脈硬化学会学術集会でも取り上げられ、学会としてなんらかのメッセージを発信する必要があるとされていた。こうした流れを受け、このたびの会見が開かれた。

日本動脈硬化学会の見解
 会見では、まず、現状の問題点として、
  1. TGが高いという場合にはF式が使えないという問題点に対して直接測定法が必ずしも分応えていない。
  2. 各キットの標準化が分行われていない。
  3. 測定依頼者に対してどの測定原理を用いて測定した値なのかという情報が与えられていない。
  4. 各キットがどのような状態で「はずれ値」を示すのかという情報が全く与えられていない。
という4点を挙げ、結論として、
  1. LDL-Cの直接測定法については、今後標準化、さらなる精度管理ならびに情報の透明化を強く希望する。
  2. 現状では、LDL-Cは、一般診療の場ではF式で求めることを基本とする。したがって食後に来院した患者につていは、空腹での再診を求める。
  3. 特定健診については、TCを測定項目に加えることを強く希望する。
  4. TGが異常高値を示す場合は、リスク管理の指標として、〔TC−HDL-C〕です「non-HDL-C」を参考とする。
という見解を発した。

日本動脈硬化学会

[mhlab]

関連トピック

疾患 ▶ 脂質異常症(高脂血症)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート