一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

降圧剤は18年に1兆円市場に 配合剤がけん引役

キーワード: 高血圧

 降圧剤の市場は2009年時点で8977億円で、18年には1兆400億円に拡大するという調査予想を、富士経済が公表した。

 降圧剤は国内医療用医薬品市場の2割弱を占める。今後さらに高齢化が進み高血圧患者数は増加し、今後も市場は一貫して拡大する。同社によると、2008年の薬価改定でアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を中心に大幅に薬価を引き下げられたが、医薬品市場は拡大を続けているという。

 日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2009年版」で、CKD(慢性腎臓病)、メタボリックシンドロームがリスク因子に追加され、両疾患を合併する場合は正常高値血圧でも原則的にただちに降圧剤療法を開始すべきとして、早期の降圧剤投与を推奨していることも影響。「今後、早期治療が必要な患者数の増加が見込まれ、これまで以上に増加する」と予測している。

 ARBとカルシウム拮抗薬(Ca拮抗薬)の降圧配合剤も、さまざまな製品の登場で競争が激化している。「さまざまな様態段階の高血圧に対応できるため、市場の活性化にもつながる」との見方を示した。配合剤の市場は2005年にCa拮抗薬の実績を抜いて以降、一貫して拡大し10年には5,200億円(前年比6.9%増)とけん引役を担っているという。

(株)富士経済

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 高血圧

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート