一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

日本は23%が65歳以上の高齢者、社会保障給付費も過去最高

キーワード:

 内閣府の2009年度「高齢化の状況および高齢社会対策の実施状況」(高齢社会白書)を公表した。65歳以上の高齢者は、前年比79万人増の2901万人(2009年10月1日)で、総人口に占める割合(高齢化率)は過去最高の22.7%となった。

 社会保障給付費も過去最高の水準に達し、2007年度の社会保障給付費も過去最高の91兆4305億円に達したことが分かった。国民所得に占める割合は、1970年度の5.8%から24.4%に上昇。社会保障給付費のうち、高齢者関係給付費については、07年度は63兆5654億円で、社会保障給付費の69.5%を占めた。

日本はこれまで経験したことのない高齢社会を迎えている

 社会の高齢化が進行する一方で、総人口は減少している。2055年には2.5人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上になると推測。それにともない、現役世代の社会保障の負担も重くなる。2009年時点では現役世代(15〜64歳)2.8人で1人の高齢者を支えているが、55年には高齢者1人を現役世代1.3人で支える社会が到来するとしている。

 日本の高齢化の傾向は海外と比べても顕著だ。日本は21世紀初頭には世界で高齢化率の高い国となり、世界のどの国もこれまで経験したことのない高齢社会を迎える。2005年の高齢化率は日本が20.1%だったのに対し、先進国ではイタリア(19.6%)、スウェーデン(17.2%)、スペイン(16.8%)、ドイツ(18.8%)、フランス(16.5%)といずれも日本に比べ低い水準だった。

一人暮らし高齢者や要介護者も急速に増加

 65歳以上の高齢者のいる世帯は増え続けており、2008年には世帯数は1978万世帯で、全世帯の41.2%を占める。単独世帯や夫婦のみの世帯、親と未婚の子のみの世帯が増加し、一人暮らし高齢者は増加傾向にある。一人暮らし高齢者が高齢者人口に占める割合は、2005年には男性の9.7%、女性の19.0%となっている。

 高齢者の要介護者数についても調査。65歳以上の要介護者等認定者数は、2007年度末で437.8万人。01年度末から150.1万人増えた。また、要介護の認定を受けた者は65〜74歳の3.1%に対し、75歳以上の後期高齢者では21.6%と高い割合を占めた。

 要介護者からみた主な介護者の続柄は、介護者の6割が同居している者だった。主な内訳は、配偶者が25.0%、子が17.9%、子の配偶者が14.3%。性別では女性が71.9%と多い。

 家族の介護・看護を理由に離職・転職する人が増えており、2006年10月から07年9月の1年間では14万4800人に達した。中でも女性の離職・転職が多く、全体の82.3%を占めた。

高齢社会白書(内閣府)

[Terahata]

関連トピック

予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート