一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

川柳「脱メタボ・メタボ予防」で健診受診率を向上 【岐阜市】

キーワード: 健診・保健指導

 岐阜市役所は、6月から今年度の特定健康診査が始まるのに合わせて、市民の関心を高め健診実施率を向上させようと、市民からメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防に関する川柳を募集、このほど優秀作品を公表した。

 岐阜市市民生活部は今年2月1日から1ヵ月間、「脱メタボ」と「メタボ予防」に関する川柳を募集、585点の応募が寄せられた。その中からグランプリ1点と準グランプリ2点を含む入賞・入選作30点を決定。

 グランプリに選ばれたのは市在勤の清水宏晏さんの作品「計るだけ 何故か効くのよ ダイエット」。清水さんは1日2回の体重測定とグラフ記録を日課にし、通院も続けているという。「血液検査の値が改善すると嬉しい」と話す。

 準グランプリは市在住の坂田敏子さんの作品「“いつ生むの?” 孫に問われて 脱メタボ」と、同なみひさんの「聞きたくて “ちょっとやせた?” その言葉」が選ばれた。入選作品をは今月9日まで市役所1階の市民ホールで展示される。

 市の2010年度の特定健診の対象者数は7万6600人の見込み。2008年度は、2万4188人が受診し、受診率は男性25.8%、女性35.6%だった。40〜50歳の働き盛りの世代で受診率が低い傾向があり、特に男性では60歳未満で20%を下回っている。

 市国保・年金課では「高血圧、2型糖尿病、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病の割合は、30歳代後半から増加する。なるべく早い時期から健診を受けてほしい」と述べている。

第1回脱メタボ・メタボ予防川柳 グランプリ・準グランプリ作品決定(岐阜市)

[Terahata]

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)
予防月間2022
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート