一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

高齢者が肉類を適度にとると転倒骨折が減少 東北大調査

キーワード: 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

 肉類を適度にとっている高齢者では、転倒で骨折する危険性が、肉類をとらない人の3分の1に減ることが、東北大学が行った調査研究で分かった。逆に、食事が極端に野菜中心であると、骨折リスクは高まるという。

 東北大学の岩崎鋼准教授(先進漢方治療医学寄付講座)らは、仙台市鶴ヶ谷地区に住む70歳以上の男女1178名を対象に、2002年に食事を含む生活状況に関する対面調査を行い、2006年までの医療保険記録をもとに、転倒骨折の頻度を調べた。

 食事内容を主成分分析という統計学の手法で解析し、それぞれの食事内容や習慣を推定し、転倒骨折との関連を調べた。食事のパターンを「野菜食」、「肉食」、「日本食」の3種類に分類し、対象者を「よくあてはまる」、「ややあてはまる」、「あてはまらない」に分けて解析した。

 その結果、転倒骨折の危険性は、肉食をあまりとらなかった人では、ほどよくとった人に比べ2.8倍高かった。さらに、野菜を多くとった人では、そうでない人に比べ2.7倍高くなった。野菜ばかりを食べている人は肉類をとらない傾向もみられた。

 さらに詳しくみたところ、野菜の中でも「淡黄色野菜」をよくとる人では骨折が減るのに対し、海草や根菜類に偏る人では増える傾向があるという。さらに、菓子類を食べすぎると骨折リスクを高めるという結果になった。

 転倒による骨折は寝たきりの生活にも結びつく。研究チームでは「高齢者では、意外にも適度な肉類の摂取が骨折リスクを減らすことが分かった。肉類を適度にとり、野菜の過度な摂取に偏らないことが、転倒骨折の予防に有用と考えられる」と述べている。

 欧米では、逆に果物や野菜をよくとる高齢者で骨密度が高いという研究報告が多い。この点については「日本人の高齢者の肉類摂取は欧米の4分の1と少ない。肉類には動物性蛋白質が多く含まれている。高齢になって極端に肉を食べないでいると足腰の筋肉が落ち、転倒しやすくなるのではないか。今回の結果は漢方の食養生に関する有名な事典『本草綱目』の記載とも一致する」と説明している。

 この研究は、東北大学大学院医学系研究科公衆衛生学分野、同研究科運動学分野、加齢医学研究所老年医学分野などが、仙台市鶴ヶ谷地区で実施してきた生活調査「鶴が谷スタディ」の一環として行ったもので、オンラインジャーナル「BMC Geriatrics」に発表された。

適度な肉類摂取は高齢者の骨折を予防する(東北大学大学院医学系研究科)

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 骨粗鬆症/ロコモティブシンドローム/サルコペニア

2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年12月14日
「歯周病」が肥満・メタボ・サルコペニアを悪化させる 腸内フローラを変化させ骨格筋の代謝異常を引き起こす
2020年11月26日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート