一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

健康的な日本型の食事でうつ症状が低下

キーワード: 二少(少食・少酒) 健康食品

 野菜や、大豆食品、きのこ類、果物などをよくとる日本食は、エネルギー量や栄養バランスを調整しやすい「健康食」といわれる。「健康的な日本食パターン」により、うつ症状も減少するという研究が発表された。

 この研究は、国立国際医療研究センターの南里明子氏や溝上哲也氏らによるもので、「欧州臨床栄養学雑誌」オンライン版に5月19日付で発表された。

 これまでに食事での食品や栄養素の摂取とうつ症状との関連を指摘した研究はあるが、食事パターンを調べた研究は少ない。そこで研究者らは、福井県で勤める21歳〜67歳の男女521人(男性309人、女性212人)を対象に定期検査を行い、食事パターンとうつ症状との関連を調査した。

 1ヵ月間の食事について質問票で尋ね、52種類の食品や飲料の摂取について、主成分分析という手法で推定した。うつ症状の評価は、質問票の回答をもとに、世界的に広く使われている「CES-D」という尺度で判定した。

 野菜や、大豆食品、きのこ類、果物などをとよくとる「健康的な日本食型」、肉をよくとる「動物性食型」、「欧米型朝食型」の3つの食事パターンに分け、それぞれ強、中、弱に3段階に分類。

 うつ症状との関連を比較したところ、日本食パターンのみられる人ではうつ症状の頻度が最大で44%に減少しており、際立って低いことが示された。他の2つの食事パターンでは明白な関連がみられなかった。

 健康的な日本型の食事には、魚、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜、キャベツ、白菜、ダイコン、カブなどの根菜を含む淡色野菜、きのこ、納豆、豆腐などの大豆食品、海藻、ジャガイモ、果物、緑茶などが含まれる。

Dietary patterns and depressive symptoms among Japanese men and women(欧州臨床栄養学雑誌)
European Journal of Clinical Nutrition, May 2010, doi:10.1038/ejcn.2010.86

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 二少(少食・少酒)

2019年12月02日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年12月02日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 臨床試験で実証
2019年12月02日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開

テーマ ▶ 健康食品

2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2018年11月16日
糖尿病の食事療法のポイントを解説 食を楽しみながら食事療法を継続
2017年08月25日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年06月30日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート