一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

高齢者の転倒予防のための新しい運動法を開発 京都大など

キーワード: 三多(多動・多休・多接) 運動

 高齢者では、運動能力の低下による転倒骨折への対策が、寝たきりや介護の予防として有用だ。そのため高齢者の転倒予防に着目した効果的な運動法が京都大学などで考案された。
2つのことを同時に行う能力を若返らせる運動
 高齢者では、歩きながら電話をするなど、2つのことを同時に行う「二重課題(dual task)」の能力が低下していると、転倒しやすくなる。この能力が低下していると、歩行中に考え事をしていて障害物に気がつかないなどの理由で転倒しやすくなる。

 そこで、京都大学医学研究科の山田実氏(人間健康科学系専攻理学療法学)らは、2つの課題を同時に行う運動「dual task能力向上プログラム」を開発した。

 研究では、脳と体を同時に刺激するエクササイズを実施することで、dual task能力が向上することがあきらかになったという。例えば手拍子に合わせて足踏みしながら、指示された方向やその逆方向に動くなどの運動を続けると、高齢者の運動能力が向上するという。

 京都大学と京都精華大学の教員や学生による合同研究室「ココカラボ」を設立、この運動法のイメージキャラクターやロゴマークを制作、パンフレットやアニメーションの制作も行った。

 また、5月に東京で開催された日本整形外科学会主催「運動器の10年」市民公開イベントでも、ブース展示やステージイベントを開催した。

 「今後はこのエクササイズを継続することで高齢者の転倒を予防することに取り組んでいく。世界へ向けて発信する表現も追及する」としている。

「ココカラボ」のロゴマークとイメージキャラクター

京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻

(Terahata)

関連トピック

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2018年12月26日
骨粗鬆症の検診受診率 全国ランキングを発表 1位は栃木県 骨粗鬆症財団
2018年12月10日
骨が分泌する「若返り物質」 運動が若さを保つメカニズムを解明
2018年12月10日
「ストレス反応」は朝と夜で異なる 体内時計をストレスマネジメントに応用
2018年12月07日
毎日30分のウォーキングが乳がんを防ぐ 女性の運動を増やすアイデア7選
2018年12月04日
糖尿病ネットワークがベトナムに進出 アジアの糖尿病医療を底上げ

テーマ ▶ 運動

2019年01月10日
2型糖尿病による筋力低下のメカニズムを解明 運動療法が筋肉の質を改善
2019年01月08日
糖尿病の「冷え」を6つの改善策で克服 動脈硬化が隠れていることも
2018年12月27日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 糖尿病リスクを朝型生活で低下
2018年12月13日
手軽な運動で糖尿病を改善 「ウォーキング+筋力トレーニング」がもっとも効果的
2018年11月29日
仕事と運動を両立できるデスクを開発 運動不足を一気に解決
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典