一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

唾液から膵臓がんなどを早期発見する技術を開発

キーワード: がん

 唾液中の成分を分析し、膵臓がんなど3種類のがんを高精度で発見する技術開発に、慶応大学などの研究チームが成功した。

 研究の対象となったのは、口腔がん、乳がん、膵臓がんの3種類。このうち口腔がんや膵臓がんは、初期段階では無症状であることが多く、発見時にはすでに進行していることが多い。なかでも膵臓がんは臓器の場所が原因となり発見が難しい。

 早期診断が難しいがんを、患者の負担が少ない検査で発見する新たなバイオマーカーをみつけだし、診断法を実用化することが期待されている。

 病気を診断する指標となる物質であるバイオマーカーの研究が世界中で行われている。血液や尿に比べ、唾液の検査は採取が簡便で負担が少ないという利点がある。

唾液を分析し膵臓がんの99%を発見
 この研究は、慶応大学先端生命科学研究所の杉本昌弘氏、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のDavid T. Wong氏らが共同で行ったもので、6月にアムステルダムで開催されたメタボローム国際学会で発表された。

 研究チームは、11〜87歳の215人分の唾液を調べた。健康な人、膵臓がん患者、乳がん患者、口腔がん患者、歯周病患者の唾液を採取し、唾液中の約500種類の物質から、健康な人と3種類のがんの人で濃度に大きな差がある54の物質を特定した。

 毛細管(キャピラリー)内で物質に電圧をかけ分子の大きさにより分離する新しい分析技術である「キャピラリー電気泳動-質量分析計」を用いて解析した。この分析計は慶応大学の曽我朋義教授らが開発したもの。

 その結果、54物質を分析することで、口腔がんで80%、乳がんで95%、膵臓がんで99%と、高精度で見分けられることが分かった。

 杉本氏らは「唾液によるがん診断への第一歩が確立できた。唾液には体のさまざまな健康状態が反映される。血液や尿に比べ低コストで、患者の体への負担も少ない。心疾患、免疫疾患などの病気を含めた分析を進め、実用化に近づけたい」と述べている。

唾液検査でがんを発見する新技術を開発(慶応義塾大学)

(Terahata)

関連トピック

疾患 ▶ がん

2019年12月02日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月28日
「10月8日は、糖をはかる日2019」講演会レポート & 血糖値アップダウン写真コンテスト優秀作品公開
2019年11月12日
AYA(思春期・若年成人)世代の女性の子宮頚がんや乳がんが増えている
2019年11月06日
「がんサバイバーのための運動ガイドライン」を発表 運動はがん患者の不安や苦痛を軽減する
2019年10月17日
体重を3%減らすだけで肥満症を改善 肥満解消のための実践的取組み 【日本肥満症予防協会セミナー・レポート】
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース
毎年2月は、全国生活習慣病予防月間
Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
乳がん治療と乳房再建の情報ファイル
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典