一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

遺伝子をみて100歳以上の長寿を予測 精度は77% 米研究

キーワード: オーダーメイド医療 健診・保健指導

 歳をとっても健康的でいられるためには、食事や運動などの生活習慣による環境要因や、家族歴の影響が大きい一方で、長寿に対しては遺伝子の果たす役割も大きいという研究が、米ボストン大学やボストン大学メディカルセンターなどの研究者によって発表された。

 100歳以上の長寿の人の77%にあてはまる遺伝子多型がみつかったという。この研究は、米科学誌「サイエンス」オンライン版に7月1日に発表された。
1人ひとりに最適な治療を行う「オーダーメイド医療」の実現へ
 研究チームは、元気な高齢者には共通する遺伝子多型があるという仮説をにもとづき、米国白人のうち100歳以上の長寿の人(1055人)、一般的な人(1267人)を対象に、遺伝子の塩基配列が1ヵ所だけ違う「一塩基多型(SNP)」を調べた。ヒトの遺伝情報はほとんどが共通しているが、わずかな個人差(遺伝子多型)があり、その一部が体質や病気のなりやすさに関係していると考えられている。

 両群を比べた結果、遺伝子の塩基配列に違いがあることを発見。このうち150ヵ所を目印に、100歳以上まで長生きしている人とそうでない人との違いを統計的に調べたところ、77%の精度でみわけられることが分かった。また、長寿に特徴的なこれらの塩基配列を多くもつ人ほど、心疾患や2型糖尿病の発症率が低い傾向もみられたという。

 1人ひとり違う遺伝子をみて、その人にもっとも効果的な治療や予防を行う「オーダーメイド医療」は、医療費の節減にもつながると期待されている。これまでの研究で、欧米人と日本人の遺伝暗号はかなり違うことも分かっているが、今回の研究成果はアルツハイマー病、心疾患、2型糖尿病などにも適用することができ、新しい治療や予防医学を開発する上で役立つのではないかとみられている。

 「新たな遺伝子多型のスクリーニング検査を開発すれば、多くの病気を予防したり初期に診断できるようになる。患者にもっとも適合したオーダーメイド医療も行えるようになる」と、ニューイングランド長寿研究(New England Centenarian Study)を創設したThomas Perls博士は述べている。

「長寿に特徴的な遺伝子多型を調べることが、加齢にともない増える病気の予防や治療に役立つ」と話す研究者
ビデオ(YouTube) クリックすると再生します
Boston University Researchers Identify Genetic Signatures of Human Exceptional Longevity(ボストン大学)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2018年01月17日
東京都が「感染症対応力向上プロジェクト」の参加企業を募集
2018年01月17日
管理栄養士の9割が「おやつを食べる」 食べたときは次の食事で調整
2018年01月17日
緑色の葉物野菜を毎日食べると認知能力の衰えを抑えられる
2017年12月21日
【健やか21】「厚生労働省×コウノドリ」タイアップリーフレット配布中
2017年12月14日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)

テーマ ▶ オーダーメイド医療

2017年07月05日
膵臓がん 簡易な血液検査で早期発見 鹿児島で臨床研究を開始
2017年04月05日
「遠隔診療」活用に未治療者の過半数が積極的 「治療の継続が楽に」
2016年10月04日
医療費が41兆円に増加 13年連続で過去最高 高額な医薬品が登場
2016年01月19日
がんの遺伝子情報にもとづく「個別化治療」の実用化へ向けて前進
2012年07月23日
遺伝子研究に1万人が協力 山形分子疫学コホート研究
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
大人の健康生活ガイド 30代以上の中高年者に関する健康情報を提供
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート
病気別BEST100サイト 知りたい病気の最新情報がすぐにわかる、病気サイトの百科事典