一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

10万人のゲノムを長期調査 遺伝情報と生活習慣病の関連を解明

キーワード: 糖尿病 心筋梗塞/狭心症 脳梗塞/脳出血 認知症 生活習慣病の医療費

 政府の総合科学技術会議(議長・菅直人首相)では、来年度予算で特に重点配分を求める科学技術の重要施策のうち、10万人の遺伝情報(ゲノム)と生活習慣との関連を調べ、脳卒中や心筋梗塞などにつながる遺伝・環境要因の解明をめざす「ゲノムコホート研究」や、病気を早期診断・治療できるようにする技術、医薬品、機器の開発を重視している。

 日本を含む先進国で高齢化が急速に進んでおり、病気の「予防」と「進行の抑制」は世界共通の課題となっている。医療・介護・健康分野での科学・技術の進歩は新産業の育成・成長にもつながる。そのため、総合科学技術会議がまとめた「科学・技術重要施策アクション・プラン」では、来年度予算で特に重点配分を求める科学技術の重要施策8分野に「ライフ・イノベーション」を含めている。

 早期に解決すべき課題として、来年度は先行的に3つの課題を重点的に進めるとしている。3つの課題とは、(1)予防医学の推進と罹患率の低下、(2)革新的診断・治療法の開発による治癒率の向上、(3)高齢者・障がい者の科学技術による自立支援。

 このうち、予防医学の推進では、特に認知症や脳卒中、心筋梗塞を、治癒が困難で要介護の主因となりうる病気で、就労世代で増加し社会的・家庭的影響が大きいとして、治療に向けた研究に加え、疾患の原因や発症機構を解明し、予防推進につなげることが必須としている。

 そのために、10万人を対象に健康状態を長期にわたり追跡調査し、生活習慣、生活環境、個人の遺伝的素因などの情報に、遺伝情報(ゲノム)、バイオマーカーなどの新しい技術による生体情報を加えたゲノムコホート研究を計画している。得られた情報と電子化された医療情報をネットワークを活用し統合し、大規模な疫学調査を可能にする。

 脳卒中、心筋梗塞の罹患率を低下するために、糖尿病などの進行防止が果たす役割も大きい。効果的な予防・治療法を開発できれば、患者数と医療費の抑制に役立つと期待される。2020年時点の目標の実現に向け方策を推進する。

ライフ・イノベーションのポイント(科学・技術重要施策アクション・プラン)
平成23年度科学・技術重要施策アクション・プラン(総合科学技術会議)
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 糖尿病

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

疾患 ▶ 認知症

2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月14日
腸内フローラが「睡眠の質」に影響 腸内環境と脳は相互に作用 食事で睡眠を改善できる可能性
2020年12月14日
軽い運動を短時間しただけで記憶力を高められる 脳を標的とした運動プログラムの開発へ 筑波大
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果
2020年10月26日
肥満やメタボは認知症リスクを上昇 体重コントロールで脳機能を改善 食事と運動で対策

疾患 ▶ 脳梗塞/脳出血

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
2020年11月26日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年10月26日
毎日の歩数が多いほど死亡リスクは低下 1日の歩数を1000歩増やすだけでも効果

疾患 ▶ 心筋梗塞/狭心症

2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
2020年12月14日
【新型コロナ】ワクチンがついに実用化 海外では有効性の高いワクチンが利用可能に ワクチン接種には課題も
2020年11月26日
納豆などの「発酵性大豆食品」が循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査

テーマ ▶ 生活習慣病の医療費

2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2017年04月19日
ウォーキングに着目した都市計画 1500歩増やすと医療費が3.5万円減少
2016年02月23日
特定保健指導が医療費適正化に効果 「リスクあり」では医療費が2倍に
2016年02月05日
母乳育児が世界を変える 母乳に36兆円の経済効果 82万人の命救う
2015年12月14日
【国民健康・栄養調査】 所得が低い人ほど健診を受けず不健康
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート