一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

新交通システムと都市計画 歩数が増え肥満が減ることを実証

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 身体活動・運動不足 生活習慣病の医療費

 人口が密集する都市部で、路面電車のような新交通システムを普及させると、市民がよく歩くようになり生活習慣病予防につながるとする研究が米国で発表された。

 新交通システムは、従来の交通体系をカバーする交通システムとして位置づけられており、自動化による運行の効率化がはかられ、設備の建設・管理費も安く抑えられるのが特徴。二酸化炭素の排出量がより少なく、環境への負荷を減らせることから注目されているが、保健指導や健康増進においても恩恵が得られるという。

 研究者らは、数百万人の生活に身近に関わる社会環境を改善し公共交通システムを普及すると、身体活動(ウォーキング)が増え、体重コントロールの改善や肥満対策になるとしている。

新交通システムを利用すると体重が減少
 「ライト・レール・システム(LRT)」は、都市内や市街地などで中小規模で運行される、かつての路面電車にかわる新交通システムのひとつ。通勤にLRTを利用することで車に乗らずにトランジットステーション(乗降施設)まで歩くようになり、毎日の歩数を増やすことができると研究グループは指摘している。

 「毎日の通勤に固定されたレールを走る交通システムを使うことで、利用者は歩く機会を増やすことができる。結果として、健康増進や減量などの有益な効果をもたらす。交通機関などの環境整備がはたす役割は大きく、今後の政策を議論する上で意味のあるものとなるはずだ」と、米Drexel大学(ペンシルベニア州)のRobert Stokes氏は述べている。

 研究では、ノースカロライナ州シャーロットで設置が進められていたLRTシステムの完成前および完成後に、住民500人を対象に調査を実施した。身体活動量、BMI(体格指数)の変化、地域の環境に対する理解、LRTができる前後の公共交通機関の利用状況などについて調査した。

 その結果、12〜18ヵ月の期間中に、通勤にLRTを利用した人では、BMIが平均1.18(㎏/㎡)も減小していた。身長165センチの人では体重が約3キロ減った計算になる。また、LRTを利用した人では、利用しない人に比べて肥満になる比率が81%低かった。

 米国では現在、主要都市圏で32のLRTシステムが運行され、年間の利用者は2億人以上だという。「公共交通機関の利便性や利用性の高さと、身体活動量の増減に関連があることを認めた報告は、他にも発表されている。交通に関わる政策立案者は自治体や公共機関と協力して、安全で魅力的な交通環境をつくっていく必要がある」と、Stokes氏は指摘する。

 この研究は、米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)の資金提供を受け、ペンシルバニア大学、ドレクセル大学、および米国のシンクタンクであるランド研究所の研究者らにより行われたもので、米医学誌「American Journal of Preventive Medicine(予防医学)」8月号に発表された。

Public Transit Systems Contribute to Weight Loss and Improved Health

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

テーマ ▶ 生活習慣病の医療費

2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2017年04月19日
ウォーキングに着目した都市計画 1500歩増やすと医療費が3.5万円減少
2016年02月23日
特定保健指導が医療費適正化に効果 「リスクあり」では医療費が2倍に
2016年02月05日
母乳育児が世界を変える 母乳に36兆円の経済効果 82万人の命救う
2015年12月14日
【国民健康・栄養調査】 所得が低い人ほど健診を受けず不健康

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート