一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

健康への取組みに全国で差 最高位は東北、最下位は中国

キーワード: 身体活動・運動不足

 健康への意識や取組みが全国でもっとも高い地域は東北エリアで、もっとも低いのは中国エリア――運動習慣や生活習慣の指数に地域によって大きな差があることが、かんぽ生命保険がこのほど発表した夏の運動・健康についての意識調査であきらかになった。
運動・健康指数 1位は東北エリア
 夏期に人気のある運動として「ラジオ体操」が知られているが、そもそもはかんぽ生命保険の前身である逓信省簡易保険局が制定したものだという。そこで同社は、夏を迎えるにあたり、運動を中心とする生活習慣の全国の差をあきらかにする目的でアンケート調査を行った。

 調査は、全国の10〜50代の男女1600人を対象にインターネット上で実施。全国8エリア(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄)に分け、全国を100として各エリアの指数を比較したもの。アンケートは「運動習慣」「運動経験」「健康意識」「健康実態」「生活習慣」の5つのカテゴリーで行った。

 その結果、総合1位になったのは東北エリア(102.8%)で、もっとも指数が低かったのは中国エリア(97.4%)だった。全体に、定期的に検査を受診し健康への意識が高く、また運動を積極的に実施している人が多いと指数が高い傾向がみられる。

健康への意識や取組みは全国で差がある
総合1位は東北エリア、最下位は中国エリア(かんぽ生命保険調査)
よく体を動かし身近な検査値を知っていると指数は高くなる
 6つの質問から実際にどれくらいの運動を行っているかを調べ、運動習慣の指数を算出した。運動習慣に限ってみると、近畿エリアで高く中国エリアや四国エリアでは低い傾向がみられた。

 もっとも高かった「近畿エリア」(105.9%)では、通勤通学などの日常の移動を「徒歩」や「自転車」で行っている人が多く、「自動車」は4分の1未満だった。1週間の平均運動時間が「1時間未満」という人が半数以上で、運動に費やす時間は多くはないが、日常生活での身体活動が多く、「運動不足を感じている」という人は全国でもっとも少なかった。

 逆に、運動習慣の指数がもっとも低かった「中国エリア」(93.4%)では、半数以上が移動の手段として「自動車」を利用していると回答。「1日に歩く時間が30分未満」という人は半数を超えた。「運動に意識的に取り組んでいる」という人は14%と少なく、運動不足を感じている人が全国でもっとも多い結果になった。

 自分の体重、体格指数(BMI)、体脂肪率の把握や、検査の定期受診についても調べた。健康への意識がもっとも高かったのは「東北エリア」で、自分の体脂肪率を把握している人が3分の2以上、BMIを把握している人が半数以上だった。「東北エリア」では、定期的に健康チェックのための検査を受診し、自分の体に対する関心が高い傾向がみられた。

 なお、同調査では健康意識が高そうなタレントの集計も行っており、男性は郷ひろみさんが圧倒的な大差をつけてトップ、女性では藤原紀香さんが長谷川理恵さんを僅差でかわして1位になった。

2010年夏のエリア別運動・健康指数調査(かんぽ生命)

(Terahata)

関連トピック

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート