一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

トウガラシ成分で肥満抑制 褐色脂肪組織を活性化

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 健康食品

 トウガラシの成分「カプシエイト」を摂取すると、エネルギー消費量が増加するという研究が発表された。この効果は褐色脂肪組織の活性が高い人でより大きいという。

 トウガラシに含まれている辛み成分カプサイシンが、エネルギー消費を増やし燃焼力を高めることは以前から知られていたが、その辛さと刺激の強さから食品などに利用するのは難しかった。

 そこで味の素は新種の辛くないトウガラシに着目し、辛くないトウガラシの新成分カプシエイト類をとりだすのに成功。このカプシエイト類であれば、辛さを気にすることなく必要量を摂取できる。

トウガラシの新成分がエネルギー消費量を増加
 試験では男性18人を対象に、カプシエイト類9mgを単回摂取した後のエネルギー消費量を測定し、その成分を含まない食品をとった場合と比較対照した。その結果、全体でカプシエイト類摂取後のエネルギー消費量が増加することが分かった。

 また、PET画像診断を実施し、褐色脂肪組織の活性が高い群と低い人の群に分け、カプシエイト類摂取によるエネルギー消費量の増加も比較したところ、褐色脂肪組織の活性が高い群では、エネルギー消費量増加作用がより強くみられた。

 褐色脂肪組織は首の周りや胸郭の大きな血管にある脂肪組織。この細胞中のミトコンドリアで脂肪を分解し、熱を産生している。褐色脂肪は体重やエネルギー消費、糖代謝に影響しており、加齢とともに太る人が多いのは、この褐色脂肪の活性が低下するのが一因と考えられている。

 成人では褐色脂肪はほとんどないとされていたが、天使大学(札幌市)の斉藤昌之教授(栄養学)らはPET画像診断を利用し、成人にもあることをあきらかにした。褐色脂肪の活性化が肥満の抑制に効果があると考えられており、世界的に注目されている。

 カプシエイト類の摂取は褐色脂肪組織を活性化する可能性がある。この研究は、味の素と天使大学(札幌市)の斉藤昌之教授(栄養学)らの研究グループによるもので、カプシエイト類を利用した食品などの有用性の評価や開発につながる成果としている。スウェーデンのストックホルムで7月に開催された国際肥満学会で発表された。

カプシエイト類またはプラセボ摂取後のエネルギー消費量の変化
味の素
[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

テーマ ▶ 健康食品

2020年11月25日
スローカロリー研究会Webセミナー「ロードレースとスローカロリー ギネス世界記録への挑戦 」を公開中!
2020年10月26日
「ブルーベリー」のポリフェノールに免疫を調節する作用 炎症性腸疾患の予防や治療につながる可能性
2020年08月28日
【新型コロナ】ポビドンヨードを含むうがい薬がコロナに効く? 薬局などで売り切れが続出
2019年06月28日
【PR】
尿酸値が気になる人へ!
尿酸値の上昇を抑える「PA-3乳酸菌」活用のススメ
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート