一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
最近の関連情報・ニュース

WHOと五輪委員会がタッグ「健康的なライフスタイルを促進」

キーワード: 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 WHO(世界保健機関)とIOC(国際オリンピック委員会)は、7月21日にスイスのローザンヌで文書に調印し、生活習慣病を予防し健康的なライフスタイルを促進するために双方が協力し合うと発表した。

 心疾患、がん、2型糖尿病などの生活習慣病を予防し危険性を減らすために、両者は、身体活動や運動の増進、禁煙、小児肥満の予防などを促進する国際的な活動を展開する。共同開発プログラムを制定し、研究グループを立ち上げ調査を開始するほか、会合を毎年設けるという。

 非感染性の慢性疾患で亡くなる人は毎年3500万人に上り、うち900万人は60歳未満だ。禁煙や健康的な食事を心がけ、運動や身体活動を増やすことで、これらの多くを予防することができる。特に運動不足は深刻で190万人の死亡の要因となっており、4番目の危険因子と位置付けられている。

 WHOのマーガレット・チャン事務局長は「IOCとの合意により、世界中で深刻な死因となっている病気の予防・対策の支援を促す。これは21世紀の持続的成長のための重要な挑戦となる」と述べている。IOCのジャック・ローゲ会長は「IOCとWHOは健康的なライフスタイルや、草の根のスポーツ活動を世界的に促進したいと考えている。互いに協力することで、より良いかたちで相乗的な効果を生むだろう」と述べている。

WHO and the International Olympic Committee sign agreement to improve healthy lifestyles(世界保健機関)

(Terahata)

関連トピック

テーマ ▶ 健診・保健指導

2019年01月09日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2018年12月25日
【保健師対象イベント】参加募集中! 第8回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス「健康経営の視点での産業保健活動」
2018年11月25日
【保健師対象イベント】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視〜ありのままの現場を見られる産業保健師になる〜」
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年10月19日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2019年12月06日
【2/5市民公開講演会「多動で生活習慣病・がん予防」参加者募集中!】全国生活習慣病予防月間2020
2019年10月10日
運動が体の老化を抑制するメカニズムを解明 骨に加わる力が炎症を抑制
2019年09月17日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月11日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大学
2019年08月30日
筋力アップで糖尿病に対策 血糖値の上昇を抑える 週1回の筋トレで効果
全国生活習慣病予防月間
大正製薬 コバラサポート
尿酸値PR
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート