一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

女性の「調理力」は年齢で差がある 自分で料理し食生活を改善

キーワード: 「少食」食事は腹7~8分目 食生活

 40歳代女性では食事を自分でつくる割合が比較的高い一方で、50歳代女性では健康を管理する能力が高くなり、「40歳代以下と50歳代以上では差が大きい」。また、生活習慣病のある人や予備群は栄養バランスの管理が苦手――こんな傾向があることが、診療所向けの食事指導・支援サービスをてがけるリンクアンドコミュニケーションが実施した調査で分かった。

 調査は、日本人の食生活と健康の関係を調べる目的で、20〜70代の女性1410人を対象に昨年7〜8月に実施。ふだんの調理での手作りメニュー数の割合をもとに、調理をする力を「調理力」として判定。また、食事のタイミングや使用した食材のバランスなどをみて、食材や栄養バランスを管理できているかを「健康管理力」として判定した。

  • 夕食を自分でつくる割合は50歳以上で減る
     夕食を自分でつくる女性の割合は40歳代をボーダーラインとして減る傾向がある。「なるべく自分で調理する」という女性は40歳代以下では26%だか、50歳代以上では12%に減る。また、「夕食で手作りする品数が2品以下」という割合も40歳代では19%だか、50歳代では9%と減少。調査では「女性の調理力は年々下がっているようだ。スーパーの惣菜などを利用する“中食”が普及した影響もある」としている。

  • 「自分でつくる料理」は40歳代以下では肉料理が多い
     夕食における手作り料理の世代別ランキングは、40歳代以下では半数が肉料理で占められたが、50歳代以上は惣菜が多くなることも分かった。40歳代以下では手作り料理の上位10位のうち、肉を使用した料理は「肉野菜炒め」、「焼きそば・焼きうどん」、「豚のしょうが焼き」、「肉じゃが」、「カレーライス」が入ったが、50歳代以上では「酢の物」「野菜の炊き合わせ」「きんぴらごぼう」など野菜を使った惣菜が多かった。

  • 50歳代以上の女性で人気が高いのは「切り干し大根」
     50歳代以上の女性は好んでつくるが40歳代以下ではがなかなかつくらない料理メニューは、「切り干し大根」がもっとも多く(40歳代67%、50歳代94%)、「野菜の炊き合わせ」(同64%、同87%)、「酢の物」(同61%、同81%)と続いた。一方で40歳代以下で好まれる「カレーライス」や「ハンバーグ」、「パスタ」などは、50歳代以上はあまり作らないという結果になった。

 40歳代の女性が子供だった1970年代は、ファストフードが上陸し、日本人の食生活に大きな変化があらわれた時期だ。50歳代以上に比べ食習慣や料理の嗜好が変化している可能性がある。

 健康管理力について調査したところ、調理力と健康管理との関連が深いことが浮かびあがってきたという。栄養バランスや脂質・塩分管理などの項目を数値化し比較したところ、50歳代以上で得点が高く、40歳代以下で低かった。

 肥満やメタボリックシンドローム、生活習慣病を予防・改善するためには、自分で料理をして食生活を管理する能力を高めることも大切となる。そこで、調理力を向上するための知識やノウハウを広めようと、同社などが参加し「調理力で健康!プロジェクト」推進委員会が立ちあげられた。

 同委員会では、「家で料理をよくつくる人では、肥満やメタボを予防し健康管理もうまくいきやすいのではないか。逆に料理をあまりつくらない人では、健康管理でも課題が多いようだ」として、「専門家や管理栄養士などが中心となり、調理力を向上することが重要」と述べている。

リンクアンドコミュニケーション
「調理力で健康!プロジェクト」推進委員会サイト
調理力と健康管理力に関する調査・レポートや、「調理力で健康!プロジェクト」の活動内容、および推進体制などを掲載。

[Terahata]

関連トピック

生活習慣 ▶ 食生活

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2021年01月14日
【セミナーレポート】今こそ“栄養のすすめ”−ウイルス、癌、認知症に打ち克つ力を!−Web配信中! 健康と長寿によって、活力ある未来社会の実現を目指す「世界健康フォーラム2020」
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に

一無・二少・三多 ▶ 「少食」食事は腹7~8分目

2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡リスクが上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年12月14日
【新型コロナ】薬膳レシピで「コロナうつ」「コロナ疲れ」に克つ 食養生で心身の不調を解消 近畿大学
スローガン川柳審査中
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート