一般社団法人 日本生活習慣病予防協会 JPALD
生活習慣病とその予防
主な生活習慣病
ニュース

運動の恩恵:肥満の遺伝体質の人にも 英国で大規模調査

キーワード: 肥満症/メタボリックシンドローム 三多(多動・多休・多接) 健診・保健指導 身体活動・運動不足

 肥満の遺伝的素因のある人でも、運動を習慣として行うことで約40%を打ち消すことができるとする研究が英国で発表された。肥満に遺伝因子が深くかかわっており、両親が肥満であったり肥満になりやすい家系であると、子供も肥満になりやすい一般的に考えられているが、生活習慣を改善することで肥満を予防できることが示された。

 この研究は、運動習慣が肥満の遺伝因子にもたらす影響を評価する目的で、英国で実施された地域住民を対象とした大規模コホート研究によるもので、医学雑誌「PLoS Medicine」に8月31日に発表された。

 研究チームは、人口約13万人のイングランド東部のノリッジ市に在住する男女2万430人(年齢39〜79歳)を対象に調査した。DNAサンプルを提供してもらい、日常での運動習慣に関するアンケートに回答してもらい、平均3.6年の追跡調査を行った。

運動を続けることで肥満遺伝子の影響を打ち消すことができる
 ヒトの遺伝子情報(ゲノム)は、約30億の塩基対から構成されるが、個々人でわずかな違いがある。その塩基配列の違いのうちわずかの頻度で認められるのが遺伝子多型で、そのうち一塩基だけ異なっているのが一塩基多型(SNP)。

 体格指数(BMI)や肥満に関連があるとみられている12のSNPを遺伝子マーカーとし、その数を「遺伝素因スコア」におきかえて、どれだけ肥満になりやすいかを予測した。さらに、肥満遺伝子の点数と、2型糖尿病や心臓病とも関連の深いBMIや肥満リスクなどに関連付けて解析した。

 その結果、肥満遺伝子のスコアは、平均的には10〜13ぐらいだったのに対し、多い人では17、少ない人では6であることがわかった。興味深いことに、肥満遺伝子は体重やBMIと関係しており、例えば身長170cmの人の場合、肥満の遺伝子変異がひとつ増えるごとに、平均で体重が445g増加していたが、運動習慣のある人では379gに抑えられ、逆に運動をしていない人では592gに増えていた。

 肥満遺伝子がひとつ増えると、肥満の確率は10%以上ずつ高くなる計算になるが、運動している人ではそうでない人に比べ、肥満の危険性は40%低下するという結果になった。

 研究者らは、今回の研究について「運動の重要性がいっそうあきらかになった。肥満の遺伝的な要因のある人に積極的に生活指導を行うことで、肥満を効果的に予防できる可能性がある」と述べている。

 研究を行った英医学研究審議会(MRC)のRuth Loos氏は、「遺伝子から肥満の危険性が高いとみられる人でも、運動を毎日続けることで健康増進につながることが示された」と話す。

 「マラソンのような激しい運動でなくとも、犬を散歩させたり、庭仕事で体を動かすなど、少しずつでも身体活動を増やしていけば効果を期待できる。私たちは遺伝の仕組みの奴隷でなく、自分で生活習慣を変えていくことで大きな違いを生みだすことができる」としている。

Regular exercise mitigates the genetic likelihood of obesity by forty per cent(英医学研究審議会、2010年8月31日)
Physical activity attenuates the Genetic Predisposition to Obesity in 20,000 Men and Women from EPIC-Norfolk Prospective Population Study
August 2010 Issue of PLoS Medicine

[Terahata]

関連トピック

疾患 ▶ 肥満症/メタボリックシンドローム

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
日本人に「低炭水化物ダイエット」は効果がある? 肥満やメタボの食事療法としては勧められる?
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査

テーマ ▶ 健診・保健指導

2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月15日
【健やか21】「子どもの食育を考えるフォーラム」がWeb開催(日本小児医療保健協議会)
2020年12月18日
【健やか21】母子手帳の有用性が示唆―自閉スペクトラム症などの早期発見に(弘前大学)
2020年10月30日
【健やか21】4人に1人は食習慣・運動習慣を「改善するつもりはない」
2020年10月23日
【健やか21】「コロナ禍における自殺の動向に関する分析(緊急レポート)」の報告(中間報告)について(いのち支える自殺対策推進センター)

一無・二少・三多 ▶ 三多(多動・多休・多接)

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
【Withコロナ時代】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2021年01月15日
「肥満」の原因は自分だけのものではない 子供時代の虐待体験も成人後の肥満に影響 2万人を調査
2021年01月15日
女性の7割が月経前に身体不調を経験 4人に1人は仕事や家事に支障が 「妊娠前(プレコンセプション)ケア」が必要 女性ビッグデータ調査
2021年01月15日
働く人がうつ病になると 「就労の継続への不安」「新型コロナは心身にストレス」 うつ病患者対象の全国調査

生活習慣 ▶ 身体活動・運動不足

2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2020年12月24日
【新型コロナ】年末年始は「真剣勝負の3週間」 みんなで危機感を共有しコロナ収束の突破口に
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「感染防止を徹底しているから、安心して来て」
2020年12月18日
【新型コロナ】日本のワクチン開発はここまで進んでいる 日常での感染防止をしっかり続ける必要が
2020年12月14日
【新型コロナ】新型コロナとインフルの同時流行に備えて 発熱したら電話で「かかりつけ医」に相談 上手な医療のかかり方プロジェクト
全国生活習慣病予防月間
明治PA3
新着ニュース

トピックス&オピニオン
新型コロナウイルス関連

Dr.純子のメディカルサロン こころがきれいになる医学
保健指導リソースガイド
国際糖尿病支援基金
糖尿病ネットワーク 患者さん・医療スタッフのための糖尿病の総合情報サイト
糖尿病リソースガイド 医師・医療スタッフ向け糖尿病関連製品の情報サイト
日本健康運動研究所 健康づくりに役立つ情報満載。運動理論から基礎、応用を詳細に解説
セルフメディケーション・ネット セルフメディケーションの基礎から薬の知識までさまざまな情報を提供
日本くすり教育研究所 小・中学校で「くすり教育」を担う指導者をサポート